【唐吉田】結核:娘の名前+画像↓入院先の病院どこ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、中国の人権活動家「唐 吉田」(タンジーティエン)さんを取り上げます。

人権活動に従事したことで弁護士資格を剥奪された唐さんですが、この問題により中国から出国できない状態に発展しています。

実は、彼の娘(長女)は日本に留学していたものの、結核で入院しているのです。

しかし、中国が唐さんの出国を許可しないために、娘に会うことが出来ない状態が続いています。

一体、唐さんの娘とはどんな人物なのでしょうか?

また、入院先の病院はどこなのでしょうか?

唐 吉田の支援者が出国許可を求めて署名活動

中国から出国できない唐さんについて、「読売新聞」は次のように報じています。

中国の著名な人権活動家で元弁護士の唐吉田(タンジーティエン)氏(52)が当局に出国を阻止され、
日本にいる重体の長女(25)との面会が実現していない問題で、
中国政府に出国制限の解除を求める署名活動が広がっている。

東京大の阿古智子教授が6月からインターネットで署名を呼びかけ、
世界の十数か国から約1200筆が集まった。

8日に在日本中国大使館を訪れたが、
担当者とは面会できず、郵便受けに入れた。

(2021年7月10日配信)

上記の通り、支援者の間では唐さんの出国許可を求めて署名活動が行われていたのです。

彼の娘さんは結核が重症化しており、現在は意識不明の重体となっています。

そのため、唐さんが中国を出国することは一刻一秒を争う緊急事態なのです。

唐さんは娘に会うために「手錠をかけた状態でも構わない」と主張しているにも拘わらず、中国側は一向に出国を認めていません。

中国政府が出国を認めない理由は、彼が人権問題に係わっていたことで「国家の安全を脅かすため」というものでした。

世間の反応

習近平専制国家の徹底ぶりを体現している事象というべき。

ここまでしないと体制の維持ができないところまで追い込まれていると考えるのが、妥当と思われます。

世界の民主国家の国民みなが娘さんと面会できるのを応援しています。

秋になればコロナ発生の原因が明らかになり、
世界から近平政権が糾弾されるのは間違いないこ。

頑張りましょう。

娘さんの容態が回復されることを祈念しております。

たった一人の元人権派弁護士に何故、中共はここまでビビっているんだ?

世界に愛される中国を目指すと習近平は言っているわけで、
普通は人道的対応を行うことで、
目くらまし的な使い方もできるはずなんだけどな。

もはや、正常な判断もできないほど、組織の末端は戦狼忖度しかしないのか?

いつも思うけど、
世界に散らばってる多くの中華系の外国人、
本土から離れて自由な暮らししてて、
自分のルーツの国の横暴に対して行動しないのかな? 

中国系外国人って相当居ると思うけど、
本国に対する大規模な抗議活動あまり見かけない。

娘の名前+画像あり

唐さんの娘さんはどんな人物なのでしょうか?

そこで、彼女について調べたところ、入院中の画像(写真)が確認されました。

彼女の名前は「唐 正琪」さんといい、2019年から日本に留学しています。

留学後は語学学校で心理学を学んでおり、「将来は農村部の女性を助ける仕事がしたい」と語っていました。

ところが、2021年4月30日に結核が原因で自宅で倒れてしまい緊急入院。

しかし、細菌が脳にまで達して髄膜炎を発症したことで意識不明の重体となってしまったのです。

結核で倒れる以前の写真については以下のURLからご覧いただけます。

参照先

https://www.asahi.com/articles/ASP6P7G57P6FUHBI00H.html

入院先の病院はどこ?

報道によると、正琪さんは東京都 中央区の総合病院に入院しているとのこと。

一体、入院先の病院とはどこなのでしょうか?

そこで、正琪さんの入院先を調べたところ、支援者のブログから以下の情報が確認されたのです。

先日に続き病気で倒れられた留学生・唐正琪さん(以後、小唐さんと表記します)と
来日中の彼女のお母さんに対しての支援活動の続報です。

今日は11時からの小唐さんの手術の立ち会いで
彼女のお母さんと聖路加国際病院に来ています。

※「https://blog.goo.ne.jp/tiny_house_tokyo/e/5f2abb33c306920ec2a0835892a10778」より引用

上記の通り、正琪さんが入院している病院は「聖路加国際病院」でした。

聖路加国際病院は中央区にある総合病院であるため、報道とも一致しています。

スポンサーリンク