【国土交通省】山田雅義の画像↓八幡市の副市長

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、京都府 八幡市の副市長を務める山田雅義氏を取り上げます。

2020年8月に副市長に就任した山田氏ですが、現在に至るまで6日間しか出勤していないことが報じられました。

一体、山田副市長とはどんな人物なのでしょうか?

八幡市の副市長:山田雅義が病気で6日間しか出勤せず

山田副市長の現状について「京都新聞」は次のように報じています。

京都府八幡市の山田雅義副市長(58)が、持病の悪化に伴い、
就任からの4カ月間で出勤が計6日間にとどまっていることが30日までに分かった。

入院などで市議会にも出席できていない一方、
これまでに給与など計約360万円が支給されており、
市議からも疑問の声が出ている。

関係者によると、
山田氏は膠原(こうげん)病の治療中といい、
選任の同意を得た6月30日の市議会では車いすに乗って議場であいさつをした。

当時山田氏は取材に対し、
8月1日の任期開始に向けてリハビリに取り組む考えを示していた。

市によると、
特別職の副市長には出勤の有無にかかわらず月額72万円の給料に加え、
地域手当などが支給される。

本年度の支給総額はボーナスを含め827万円になると見込まれる。

市議からは

「病気は気の毒だが、
コロナ禍の中で、高額の給与が支払われることに市民の理解は得られないのではないか」

といった声もある。

(2020年12月1日配信)

上記の通り、山田副市長が出勤していない理由は「持病の悪化」だったのです。

膠原病が悪化したことで6日間しか出勤していないにも拘わらず、給与については満額が支給されるとのこと。

確かに病気の悪化は本人の責任ではないものの、職務を全うできない状態であれば、「職を辞するべき」との声が多数上がっています。

世間の反応

厳しい意見はあると思うが、
健康有っての人生だから、
一度身を引いて治療に専念してから、
また副市長を目指されても良いのでは?と思うけどね

市長が選任した副市長ならとっくに首にしてるだろうが、
国交省から押し付けられた天下りの副市長だから、
勝手に首に出来ない  

勝手に首にしたら国交省の報復が怖い  

理由はこれ

自分が、病気であれ私的なことであれ、
職務を全う出来なければ辞職するべき。

税金泥棒と言われても致し方ない。

画像あり↓国土交通省の出身

山田副市長の画像がこちらです。

※「https://www.facebook.com/tajimagaku/photos/a.1273252062870615/1273252999537188/」より引用

山田副市長は「国土交通省」の職員であり、過去には近畿地方整備局に在籍し「広報広聴対策官」を務めていました。

スポンサーリンク