【大阪拘置所】死亡:50代の男性被告は誰?名前は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年6月15日、大阪拘置所で50代男性被告死亡しました。

一体、死亡した男性被告は誰なのでしょうか?

大阪拘置所で男性の被告(50代)が死亡

大阪拘置所で死亡した被告について「JIJI.COM」は次のように報じています。

大阪拘置所(大阪市)は15日、
収容中の50代の男性被告が死亡したと発表した。

同拘置所によると、
13日午後1時10分ごろ、
単独室で被告が死亡しているのを職員が発見。

搬送先の病院で死亡が確認された。

20分ほど前の巡回時には異常はなかったという。

(2020年6月15日配信)

上記の通り、被告が死亡する20分前までは何ら異常は示さなかったといいます。

一体、この被告は誰なのでしょうか?

世間の反応

刑務官に責任が及ぶでしょうが、
防げないのではと思う。

何も処分などはないことを祈る。

人権損害と言われようが
罪を犯した方々なのだから
監視カメラつけてAIに監視させればいいのではないですか

そもそも独居房に自由がある訳無いですし、
トイレオープンですし、
お風呂も監視されますし

ならばカメラ程度あまり気にならない方々の割合の方が多いのではと思ってしまう

この方はどんな事件を起こして刑務所に入っていたのか知りたい。

死亡した被告は誰?名前は?

大阪拘置所で死亡した被告は誰なのでしょうか?

そこで、この被告について調べてみましたが、現在の時点で実名を報じているメディアは確認できませんでした。

死亡した被告について公表されている情報があまりにも少ないため、5chや爆サイなどの掲示板でも具体的な名前は挙げられていません。

ただ、大阪拘置所内で被告が死亡する事例は今回が初めてではありません。

大阪拘置所内で被告が死亡した事例

■2008年9月20日(40代男性)

■2009年2月9日(30代男性)

しかし、いずれの場合も被告の名前(実名)が公表されることはありませんでした。

そのため、大阪拘置所が死亡した被告の実名を公にすることは考え難いでしょう。

この被告について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク