【大麻で逮捕】宇美町議:時任裕史の経歴+Facebook↓画像も

政治家

こんにちは。坊主です。

2019年12月8日、福岡県 宇美町”現職町議”が逮捕されていたことが報じられ世間の注目を集めています。

「沖縄タイムス」によると、この町議は大麻を売りさばいていた容疑が掛けられており、2019年10月末に逮捕されていたようです。

一体、前代未聞の事件を引き起こした宇美町の”現職町議”とは誰なのでしょうか?

宇美町の現職町議が大麻で逮捕

逮捕された宇美町の町議について「沖縄タイムス」は次のように報じています。

大麻の譲渡や所持などに絡む一連の捜査で沖縄県警が7日までに、
大麻取締法違反の疑いで
県内の高校生ら未成年を含む約20人を摘発していたことが分かった。

捜査関係者によると、
県内の1人の捜査過程で、
福岡県宇美町の現職町議40代男が県内での流通に関与していた疑いが浮上し、
県警が10月末に町議を大麻取締法違反(譲渡)容疑で逮捕した。

大麻の流通経路の全容は分かっていないが、
町議が一定量の大麻を県内のバイヤーに売りさばき
そこから知人友人同士のつながりで拡散したとみられる。

譲渡の際のやりとりで、
会員制交流サイト(SNS)は主に使われていないという。

県内の1人の摘発を端緒に芋づる式に次々と関与者が浮上し、
県外の町議逮捕につながった。

上記の通り、逮捕された町議は仕入れた大麻を”バイヤー”に売りさばいていたのです。

その後、このバイヤーが自分の交友関係に大麻をばら撒き、その結果、薬物汚染が沖縄まで拡大したようです。

ただ、同紙の報道では町議の実名は確認できませんでした。

一体、この町議は誰なのでしょうか?

世間の反応

もうさ、地方議員いらないって

だって何の役にたってるの?

プラスよりマイナスの方が大きいやん

町議のレベルやモラルも下がりましたね。

この町議は大きな罪を犯し最低ですが、
地方の町議の報酬は市議より低いところが多く、
月の支給で20万円前後が多い為に
別の仕事をしながらでないと生活できないのも事実です。

選挙でお金を使う割には評価されない残念な職になりつつありますね。

最近の市議や町議は人材不足のせいか、
質の低下が激しい気がします。

もちろん街を変えると奮闘して頑張ってる方もいますが。

自分の地元は元暴走族の人が現役で市議をやっていますが、
定職にもついた記憶がなく独立して仕事をしたかと思ったらすぐ辞めてた様な方でした

プライドが高かったので、
自分の名声の為市議になったのではと思ってしまいます、、、

逮捕された町議は時任裕史と判明

沖縄タイムスの報道では実名が報じられていない町議ですが、この人物について調べたところ、「Net IB News」より以下の情報が確認されました。

大麻を他人に譲り渡したとして、
沖縄県警が福岡県宇美町の現職町議、
時任裕史容疑者(42)を大麻取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕したと
読売新聞が11月2日の朝刊で報じた。

(2019年11月5日掲載)

上記の通り、逮捕された町議は時任裕史(ひろふみ)容疑者でした。

時任容疑者は既に辞職届を提出しており、受理されています。

時任裕史議員から、
郵送にて令和元年11月9日付けの辞職届け《議員辞職願》が提出され、
同月15日に議長としてこれを許可することに決定いたしました。

許可決定通知書が相手方に到達した同月18日付けで議員辞職となりましたので、
お知らせいたします。

※「宇美町」より引用

経歴+Facebook

本人のSNSを調べたところ、Facebookアカウントが確認されていました。

ただ、このFacebookでは経歴やプロフィールは一切記載されていませんでした。

しかし、「政治山」に記載された情報によると、議員になる以前の時任容疑者は「自営業」に従事していたようです。

Facebookには自身の事業については触れられていないものの、あるブログより以下の情報が得られました。

太宰府市内山のそば店「×××× ×××」。

店主の時任裕史さん(40)は知人のハンターからイノシシ肉を分けてもらい、
店を共同経営する×××××さん(48)とすき焼きにしてみた。

※「熊森栃木」より引用
(2018年9月18日公開)

注意

風評被害を防ぐため、
関係者の名前や店名は伏せています。

上記の通り、彼は共同経営者と共に「蕎麦屋」を経営していたようです。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!