【大麻で逮捕】蔵川涼太の顔画像+Facebook

時事

こんにちは。坊主です。

2020年6月5日、現役の警察官大麻で逮捕されました。

逮捕されたのは大阪府警 堺署の蔵川涼太容疑者です。

一体、蔵川涼太とはどんな人物なのでしょうか?

堺署:蔵川涼太が大麻で逮捕

大麻で逮捕された蔵川容疑者について「読売新聞」は次のように報じています。

自宅で大麻を所持したとして、
大阪府警は4日、
堺署地域課の巡査蔵川涼太容疑者(22)(岸和田市上松町)を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕した。

容疑を認めている。

「今年(2020年)に入って使った」

と話しており、
府警は入手経路や動機について調べる。

発表では、
蔵川容疑者は5月22日、
自宅の自室で、
ポリ袋に入れた大麻0・16グラムを所持していた疑い。

蔵川容疑者は2018年採用で、19年に堺署に赴任。

上司が今年(2020年)5月、
蔵川容疑者のスマートフォンを見て大麻とみられる写真に気づき、
府警監察室が調べていた。

宮崎亘監察室長は

「職員の逮捕は遺憾。厳正に対処する」

とコメントした。

(2020年6月5日配信)

上記の通り、蔵川容疑者は自身のスマホに大麻の写真を保存していたのです。

それに上司が気付いたことで大麻所持が発覚したというわけです。

ただ、どんな経緯で上司が部下のスマホを見たのかまでは判明していません。

もし、無断で部下のスマホを見ていたのであれば、人権問題に発展する可能性もゼロではありません。

世間の反応

スマホ写真から大麻を見つけるのも、
見つけたのを隠蔽しなかったのもあっぱれでしょ。

警察も今後は採用も身辺調査をより厳しくしなければなりません。

人手不足でも、
誰でも採用出来る職業ではありません。

そして採用後の抜き打ちチェックも必要ではないでしょうか?

犯罪を起こしている警察官を隠蔽せず逮捕、公表されたことは良かった。

記事では詳細がわからないですが、
本人同意なしで勝手にスマホを覗き見なら弁護士出てきてもめそうですね。

Facebook+顔画像は?

蔵川容疑者の素性について調べたところ、5ch(2ch)より以下の書き込みが確認されたのです。

上記の通り、Facebookには蔵川容疑者と同姓同名のアカウントが存在するようです。

この情報を元に該当のアカウントを調べたところ、確かに「蔵川涼太」というFacebookが確認されました。

この人物は「岸和田市」に住んでおり、住所という点では一致しています。

ただ、経歴や職歴などは記載されていないため、本人とは断定できません。

問題のFacebookには顔写真もアップされていますが、本人と断定できる確証はないため公開は控えさせて頂きます。

ご容赦ください。

スポンサーリンク