【奥野淳也:逮捕】マスク拒否おじさんの勤務先どこ?明治学院大学?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年9月、マスク着用を乗客の男が拒否したことで旅客機が緊急着陸した問題が発生しました。

この事件により、乗客の男は「マスク拒否おじさん」として一躍有名に。

SNSなどでは自身の正当性を主張していた「マスク拒否おじさん」ですが、なんと警察に逮捕されたことが明らかになりました。

一体、「マスク拒否おじさん」とはどんな人物なのでしょうか?

「マスク拒否おじさん」が威力業務妨害+傷害で逮捕

逮捕された「マスク拒否おじさん」について、「毎日新聞」は次のように報じています。

北海道から大阪に向かうピーチ・アビエーションの飛行機内で2020年9月、
マスク着用を拒んで客室乗務員らとトラブルになり臨時着陸させたとして、
大阪府警は19日、
乗客だった私立大学非常勤職員の男性(34)=茨城県取手市=を威力業務妨害傷害などの疑いで逮捕した。

府警は、
飛行中の機内で乗客らの安全を脅かす行為で、
悪質性が高いと判断したとみられる。

(2021年1月19日配信)

上記の通り、「マスク拒否おじさん」の職業は「私立大学の非常勤講師」でした。

この記事ではの名前が報じられていませんが、NHKの報道では「奥野淳也」(おくの じゅんや)と実名が記載されていました。

捜査関係者によりますと、
航空会社から相談を受けた警察が調べたところ、
茨城県取手市に住む奥野淳也容疑者(34)が客室乗務員に対し大声を出したり、
腕をつかんで軽いけがをさせたりしたうえ、
機長らの指示に従わず、
運航を妨げた疑いがあることが分かったということです。

※「https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210119/k10012822321000.html」より引用

逮捕された奥野淳也ですが、逮捕前はネット番組に”顔出し”で出演していたため、既に素顔が特定されています。

恐らく、この時点では自分が逮捕されるとは夢にも思っていなかったことでしょう。

だからこそ、顔出しで番組に出演したと思われます。

事実、彼は逮捕の直前までTwitterを更新していました。

補足

奥野本人は素顔以外の素性(本名・年齢・職業)を明らかにしておらず、
Twitter上では「マスパセ」という名前で活動。

恐らく、このツイートした直後に逮捕されたと思われます。

世間の反応

【感謝】

通称マスパセこと奥野淳也氏の逮捕にあたり
大阪府警察署及び捜査員の皆様に感謝いたします。

長期間にわたる捜査おつかれさまです。

ありがとうございました。

奥野淳也被疑者は威力業務妨害で逮捕。

これとは別にピーチ航空から民事で賠償を迫られるでしょうね。

「自由と権利をはき違えるとこうなりますよ。」

という良い見本になったのではないでしょうか。

ピーチマスクマン奥野 淳也さんも逮捕されとるやん

大学入試マスクマンを数時間前にtwで擁護してた

奥野淳也の勤務先はどこ?明治学院大学?

毎日新聞によると、奥野の勤務先は私立大学とのこと。

大学では非常勤講師として勤務しているようですが、一体、職場はどこなのでしょうか?

そこで、奥野淳也で検索したところ、「明治学院大学」のワードが浮上したのです。

実は、明治学院大学では同姓同名の人物チューターとして勤務しているのです。

奥野淳也(おくの・じゅんや)

ゲームやスポーツ等でちょっとしたきっかけで急に上達する経験をした人は多いと思います。

同様に作文技術もコーチングを少し受けてみると自分の中で何かが目覚めるかもしれません。

書くことは大学のレポートに限らず、
一生使える大切な自己表現手段です。

書くことの面白さと大変さをこれから皆さんと分かち合えればと思います。

専門は比較政治学(ヨーロッパ地域)ですが、
地域研究から派生して国内外の旅行やB級グルメ探索も好きです。

完成品でなくても何でも気軽に持ってきて下さい。

どうすればより良い文章になるか、
一緒に悩み、迷い、考えましょう。

※「https://www.meijigakuin.ac.jp/campuslife/lectures/writing/」より引用

しかし、現在の時点では同姓同名であること以外に確かな証拠は一切ありません

「同姓同名」という点だけでいえば、東京大学にも「奥野淳也」という人物が存在しています。

そのため、「名前が一致している」という理由だけで本人と”断定”する行為は非常に危険です。

ただ、ネット上では既に「マスク拒否おじさん=明治学院大学」という不確かな情報が出回っています。

逮捕された奥野が明治学院大学の職員だという”事実”は確認されていないため、その点は注意が必要です。

【1月20日追記】

勤務先の大学は明治学院大学で確定。

同日に配信された「スポーツ報知」が、
奥野の勤務先を「明治学院大学」と報じ、
同大学の広報もこの事実を認めています。

【1月21日追記】契約解除され解雇に

明治学院大学の非常勤講師として勤務していた奥野ですが、今回の逮捕を受けて契約を解除されるようです。

奥野氏の勤務先である明治学院大広報課は21日、
J-CASTニュースの取材に

「顧問弁護士を含めた関係各位と契約解除に向けた手続きを進めている

と話す。

※「J-CASTニュース」より引用
(2021年1月21日配信)

奥野は1年単位で雇用されていましたが、契約満了を待たずに解雇されることになりました。

ただ、奥野は逮捕前から周囲とトラブルを起こし、その中には警察が出動した事案もありました。

そのため、ネット上では「解雇するのが遅い」という声も上がっています。

アゴラに掲載されていた記事が取り下げられる

マスク着用を拒否したことで航空機を緊急着陸させた奥野ですが、この問題を受けて彼は自身の正当性を主張するため、各メディアを使って持論を展開していました。

奥野は「アゴラ」(言論プラットフォーム)でも持論を展開しており、その記事は2020年12月13日に掲載・公開されていました。

ところが、今回の逮捕を受けて、問題の記事が取り下げられていたのです。

編集部として、
これを重く受け止め、
同容疑者が「マスパセ」としての主張を記載した昨年(2020年)12月13日の記事を取り下げます

※「http://agora-web.jp/archives/2049832.html」より引用

アゴラに掲載されたプロフィールによると、奥野は「マスク問題評論家」を名乗っていたようです。

最新の記事では、「大学入学共通テスト」で不正行為を働いた受験生の失格問題に言及しており、入試センター側の対応を厳しく批判していました。

補足

2021年1月16日に実施された共通テストにて、
49歳の受験生がマスクを正しく着用しなかったため、
試験監督から6回も注意を受けていたものの、
これを無視し続けたことで失格処分となりました。

その後、
試験会場内のトイレに立てこもったため、
建造物不退去罪で現行犯逮捕

共通テストで失格になった受験生(49歳)はマスクから鼻を出しており、これを注意されていました。

しかし、この受験生は「マスクの着用方法については試験要項に書いていない」と反論。

マスクの着用については事前に通知されており、これに違反すれば失格となり得ることが明記されていました。

また、入試センターはマスク着用が困難な受験生に対して、別室での受験を許可するなど救済措置を用意していたのです。

実際、試験監督はこの受験生に対して別室での受験を提案していました。

ところが、問題の受験生はこの提案を拒否していたのです。

大学側は、
マスクをきちんと着用できないのであれば、
別室で受験できることも説明していたが、
男は拒否したという。

※「朝日新聞DIGITAL」より引用
(2021年1月19日配信)

入試センター側が最大限に譲歩したにも拘わらず、これを拒否し続けた受験生の男に同情の余地はありません。

しかし、「マスク拒否おじさん」こと奥野は、この受験生を全面的に擁護しています。

やはり、似た者同士で共感する部分が多々あるのでしょう。

マスクを着用しなかった理由とは?

頑なにマスクの着用を拒否しなければ、奥野が逮捕されることはなかったでしょう。

一体なぜ、彼はマスクの着用を拒否し続けたのでしょうか?

本人によると、奥野がマスク着用を拒否した理由は「健康上の理由」とのこと。

しかし、その詳細については明らかにされていないのです。

航空会社としても他の乗客の安全を確保する義務があるため、ただ単に「健康上の理由」とだけ説明されたとしても納得できないでしょう。

ただ、航空会社は奥野に座席の移動(変更)を提案しており、最大限に譲歩していました。

それにも拘わらず、奥野はマスク着用を拒否し続け、さらには座席の移動にも応じなかったのです。

「健康上の理由」でマスクを着用することが困難だったとしても、座席の変更に応じれば、それで済んだ話です。

「奥野淳也」のWikipediaが作成されネタ化される

マスク拒否騒動で一躍有名になった奥野ですが、一部のユーザーがこれに便乗して彼のWikipediaを作成していました。

※「https://ja.wikipedia.org/wiki/奥野淳也」より引用

このページでは、奥野について「日本の犯罪者」などと記述されており、彼のWikipediaが悪ノリで作成されたことは一目瞭然です。

【1月20日追記】普段はマスクを着用していた?

「健康上の理由」によりマスク着用を拒否し続けた奥野ですが、普段はマスクを着用して外出していたことが明らかになりました。

威力業務妨害などの疑いで逮捕された明治学院大 非常勤職員 奥野淳也容疑者(34)=茨城県取手市=について、
マスクを着けて外出しているとの情報を大阪府警が入手し、
聞き込み捜査などを通じて確認したことが20日、
捜査関係者への取材で分かった。

※「KYODO」より引用
(2021年1月20日配信)

この事実を裁判で立証できれば、奥野がマスク着用を拒否した理由は「健康上の理由」ではないことが確定します。

逮捕前の奥野は自身を「マスク問題評論家」と自称していましたが、普段からマスクを着用していたのであれば、彼もまた世間の大勢(主流)と変わりありません。

恐らく、旅客機の中でマスクを着用していなかったことを第三者に咎められたことで意固地になり、咄嗟に「健康上の理由」などという尤もらしい”嘘”をついたのでしょう。

つまり、頑なにマスクの着用を拒否し続けたのは、彼のプライドが大きな理由だったというわけです。

スポンサーリンク