【嫁と離婚?】おでんツンツン男のコンビニどこ?豊嶋悠輔の店はBLACKLINE

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、「おでんツンツン男」を取り上げます。

2016年、コンビニのおでんを指でツンツンする動画が公開されたことで投稿者の身元が特定され、ネットは瞬く間に炎上しました。

この「おでんツンツン男」こそ豊嶋悠輔さんなのです。

そんな豊嶋さんが事件当時の心境を明かしました。

一体、なぜ彼はおでんをツンツンしてしまったのでしょうか?

また、この事件によって、彼の生活はどう変わったのでしょうか?

おでんツンツン男:豊嶋悠輔はなぜ事件を起こした?

「おでんツンツン男」こと豊嶋さんについて「ABEMA TIMES」は次のように報じています。

2016年、ネットで大炎上したコンビニのおでんを手でつつく動画。

豊嶋氏は21回もおでんを“ツンツン”した結果、
威力業務妨害などの容疑で逮捕された。

その後、不起訴処分になったが、
今もネット上には動画や個人情報が残っている。

豊嶋氏は

「俺自身もああいうことはモラルがなかったなと思う」

とコメント。

「そこは24時間営業ではなく、
0時に閉まるコンビニで、店員と顔見知りだった。

俺がおでんをツンツンしたのは閉店後の0時5分。

あのときは全くこうなると思っていなかったので、
全開でおでんをツンツンしている。

まさか捕まると思っていなかった」

と振り返った。

「正直いうと、
俺は自分のお店を経営していて、
パフォーマンス的にお店を盛り上げようと思っていた。

そのときに毎日動画を撮ってSNSに投稿していた。

毎日やっていると、面白いことがなくなってきて、
どんどん

『今日はこれをやらないといけないのか』

と悩んでいた部分もあった」

(2021年6月28日配信)

上記の通り、豊嶋さんがおでんをツンツンした理由は、自身が経営する店のPRだったのです。

問題のおでんは直後に廃棄される予定だったため、コンビニの客が購入してしまう危険性はありませんでした。

世間の反応

叩くつもりも擁護するつもりもないけど、
それこそ自己責任というか、
いい歳した大人がどういうことをしたらこうなるっていう予測ができないとか…

仕方ないのではないかなと。

おでんツンツン男

自分の店に毎日「ツンツン」言う

イタズラ電話かかってくるらしい笑

「生きた心地がしない」だって…。

自分で巻いた種で何言ってやがる。

あんだけ謝罪動画でも鼻ほじりながらふざけてやってた人が今更何言ってんだ、

誰が可哀想って妻子が可哀想だ

スケートボードの店はBLACKLINE

豊嶋さんは自身でスケートボードの店を経営しており、おでんをツンツンした理由は店のPRの一環でした。

一体、彼の経営する店とはどこにあるのでしょうか?

そこで、豊嶋さんの店について調べたところ、下記の「BLACK LINE」であることが分かったのです。

参照先

ttps://www.vhsmag.com/id/yusuke-toyoshima/

※URLの先頭に「h」を付けてご覧ください。

店のプロフィールには、自身が逮捕されるきっかけとなったツンツン動画も掲載されていました。

人生の汚点であるツンツン事件を逆手にとって店のPRにしているところから、彼は非常に商魂たくましいと言えます。

おでんをツンツンしたコンビニはどこ?

豊嶋さんがおでんをツンツンしたコンビニはどこなのでしょうか?

そこで、このコンビニを調べたところ、以下の情報が確認されたのです。

上記の通り、問題のコンビニは「サークルK」のようです。

ただ、このツイートにある「味鋺2丁目」にはサークルKが存在しないことから、この近辺のサークルKがツンツン事件のコンビニかもしれません。

または、事件から既に6年が経過しているため、閉店や移転した可能性も考えられます。

嫁と別居⇒離婚した?

豊嶋さんは逮捕された当時の時点で既婚者で、奥さんと子供がいました。

実は、彼のツンツンを警察に通報したのは実の母親だったようです。

上記の通り、奥さんは事件が起こる前から別居状態にありました。

ただ、2021年現在においても「離婚した」という情報は一切ないのです。

恐らく、豊嶋さんのインスタグラムに子供しか登場していないことも離婚疑惑が浮上した一因だと思われます。

ちなみに、別居に至った理由も明らかにされていませんが、一部では奥さんの不倫を指摘する声も上がっていました。

この一方で、不倫していたのは豊嶋さんだとする情報も確認されているのです。

しかし、豊嶋さんが不倫をしていたという事実は一切ありません。

彼がおでんをツンツンする一部始終を撮影していた人物が女性(当時27歳)だったことから、「撮影者=不倫相手」という安直な説が生まれたと思われます。

スポンサーリンク