【寺内樺風】内定先+高校+刑務所どこ?親の会社+Facebookも

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、寺内樺風(かぶ)被告を取り上げます。

2016年、寺内は女子中学1年生(当時)を誘拐・監禁した容疑で逮捕されました。

被害者は寺内によって2年間に亘って監禁されていましたが、一瞬の隙を突いて逃げ出し事件が発覚。

その結果、寺内は逮捕・起訴され、現在は刑務所に服役しています。

一体、寺内樺風とはどんな人物なのでしょうか?

寺内樺風が現在↓服役している刑務所はどこ?

寺内の現在について「デイリー新潮」は次のように報じています。

事件発覚から5年。

そんな寺内受刑者の近況を知るのが、
関東地方のある刑務所で彼と寝起きを共にしていたA氏だ。

「川越から来た奴はだいたい運動が大好きになってて、
運動会やソフトボール大会もすごい張り切ってやるんですけど、
彼はそういう感じじゃなかったですね」

“川越”とは、川越少年刑務所のことを指す。

「彼は完全な天才肌でした。

コンピューターの知識がありすぎるんで
寺内くんにはパソコンは触らせられないということになった。

結局、
パソコンを使わない工場(※刑務作業)に送られましたね」

女子生徒の誘拐や監禁について、
彼はA氏にこう語ってもいたという。

「彼女が私と接点取りたいわけはないんです。

民事になれば、裁判をまたやらないといけない。

私が出所する頃、彼女は25歳くらい。

もし結婚してたら裁判やりたくないですよね。

ましてや過去を消したいでしょうから、
でしたら僕と裁判することないじゃないですか」

(2021年6月7日配信)

上記の通り、寺内は刑務所に服役する中で被害者について言及していたのです。

しかし、その内容からも分かる通り、彼は被害者に対して罪悪感を抱いていないようです。

一体、現在の寺内はどこの刑務所に服役しているのでしょうか?

そこで、服役中の刑務所について調べてみましたが、具体的な場所は明らかにされていないことが分かったのです。

服役中の刑務所については新しい情報が入り次第、追記します。

世間の反応

こういう異常者は出してはならない、

また事件を必ず起こす。

なんでこんな再犯起こしそうな人を12年で出すの??

全く無関係な人がまた巻き込まれる可能性が高いのに。

出すなら体内にGPSつけて欲しい。

根本的な考え方が異常。

刑務所でも更正されてないし、される余地もない。

次なる犯罪をおこしかねない。

頭が良いゆえに、
きっと更に緻密に罪に問われない方法を考えておかすだろう。

この世に放つな。

内定先はどこ?

事件が発覚した2016年当時、寺内は千葉大学 工学部を既に卒業しており、”ある会社”への就職が決まっていました。

報道によると、内定先は「消防設備関連の会社」とされています。

同大を今月(2016年3月)23日に卒業し、
消防設備関係の会社に就職が決まっていたという寺内容疑者。

※「https://www.sankei.com/article/20160329-7FBTT7FAOVOWVPJQJTL3IJB6RQ/3/」より引用

しかし、事件が発覚したことで内定先の会社は、寺内の内定を取り消しにしています。

現在のところ、内定先の会社名は明らかにされていませんが、NHKに報道では「新宿に本社がある」と報じられていました。

新宿に本社がある消防設備の会社には以下の企業が存在しています。

〈1〉チヨダ防災(株)

〈2〉東京防災設備(株)

〈3〉(株)プロサス

しかし、会社の規模を問わなければ、新宿に本社を消防設備の会社は無数に存在します。

そのため、内定先が上記3社以外である可能性は十分に考えられます。

これまでの情報だけでは内定先の会社を特定するには至っておらず、更なる続報が期待されます。

高校+親の会社はどこ?Facebookあり

寺内のFacebookがこちらです。

しかし、このFacebookでは学歴や経歴は一切記載されていませんでした。

ただ、一部の報道から、彼が「大阪教育大学付属池田高校」を卒業していることが分かっています。

教育熱心な家庭で育ち、
市立小を経て大阪教育大付属池田中、高校に進学。

※「https://www.sankei.com/article/20160329-7FBTT7FAOVOWVPJQJTL3IJB6RQ/」より引用

教育熱心な家庭で育った寺内ですが、親は防犯グッズの会社を経営しています。

会社の名前は「e防犯.com」といい、事件発覚当時は会社のHPに謝罪文を掲載し、一時期的に営業を休止していました。

スポンサーリンク