【寺田章志】欲望の塊:番組担当者で40代男性のプロデューサーは誰

時事

こんにちは。坊主です。

ランボルギーニの譲渡を巡りトラブルに見舞われている「欲望の塊」ですが、ここに来て番組担当者のプロデューサーが死去していたことが判明し世間の注目を集めています。

一体、死去した担当者とは誰なのでしょうか?

欲望の塊:番組担当者の40代男性が死去

死去されたプロデューサーについて「毎日新聞」は次のように報じています。

東京MXテレビが2019年1~3月に放送したバラエティー番組「欲望の塊」で、
番組内でゲームの優勝賞品とされた高級外車が優勝者に渡されなかった問題で、
番組担当者の40代男性が福岡市西区で亡くなっているのが見つかったことが、
関係者への取材で判明した。

関係者によると、
男性は今月24日、
西区に止められた車内で見つかった。

「ご迷惑をおかけしました」

という趣旨の本人のメモらしきものが見つかったという。

(2020年1月27日配信)

世間の反応

民放のゴールデンでさえ、
100万円の賞金をなかなか出さない番組作りしてるのに
ローカルの深夜枠で2000万円以上する車を優勝者にプレゼントって疑問に思わなかったんかね?

特にこのプロデューサーは、
MX局へ深夜枠を300万で深夜枠買った事を知ってるし
放送ではスポンサーCM流れないのも知ってたのでは?

じゃあその原資はホストから集めた金しかないだろうに
番組制作費と賞品の車買えるのか解るだろ?

このプロデューサーは被害者みたいな発言してるけど
加害者側では?

全てがダメダメ。

前払いの約束が履行されないまま進行して、
賞品のランボルギーニは誰も直接確認してない。

後になって車はどこだ?

制作費は?

ホストから集めた金は?

と大騒ぎ。

MXは番組枠300万さえ貰えれば後は知りませんとでも?

この番組関係者全てが責任取らないと。

業界の方って相当わきが甘いのか、
それともこの制作会社社長もグルなのか?

スタートから支払いが悪いのが気になっていたそうだが
その時点で止めなきゃOUTだよね。

脳味噌が足りないのに
こんな企画立ち上げるわけないでしょ。

最初からホストの支払い搾取しようとの考えでしょう。

製作会社の社長が代わりに支払えばよいこと。

紹介した時点で連帯保証人になったのも同然。

欲望の塊:プロデューサーは誰?

欲望の塊のプロデューサーは誰なのでしょうか?

そこで、この人物について調べたところ、「寺田章志」という名前が確認されたのです。

この寺田という人物は、制作会社に今回の企画を持ち掛けたものの、途中で連絡が取れなくなったと言います。

報道によると、寺田氏は企画会社を運営しており、今回の企画を番組制作会社に売り込んでいたようです。

つまり、制作会社も被害者の1人と言えます。

寺田章志の画像や経歴は?

死去されたとされる寺田章志とはどんな人物なのでしょうか?

そこで、彼の素顔や経歴を調べてみたものの、現在までに詳しい素性は一切公表されていなかったのです。

本人のFacebookやTwitterも確認されていないため、彼の人柄は不明です。

スポンサーリンク