【引退理由:コロナ】琴貫鐵がTwitterで相撲協会を批判

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、元力士の琴貫鐵(ことかんてつ)を取り上げます。

2021年1月9日、琴貫鐵が自身のTwitterで引退を報告し世間の注目を集めています。

一体、引退の理由は何だったのでしょうか?

琴貫鐵の引退理由はコロナ

琴貫鐵の引退について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

大相撲の佐渡ケ嶽部屋に所属する序二段・琴貫鐵が9日、
自身のツイッターを更新し、

「今日を持って、引退することになりました。

このコロナの中、
両国まで行き相撲を取るのはさすがに怖いので、
休場したいと佐渡ケ嶽親方に伝え(日本相撲)協会に連絡してもらった結果、
協会からコロナが怖いで休場は無理だと言われたらしく
出るか辞めるかの選択肢しか無く
自分の体が大事なので
コロナに怯えながら我慢して相撲を取ると言う選択肢は選べず引退を決意しました
(原文のまま)」

とつづった。

日本相撲協会は協会員のSNS使用を禁止している。

それにも

「力士を引退してTwitter禁止は無くなったと思いますので
今後引退を決めた話など
色んな事をこのTwitterで発信していくと思います。

よろしくお願いします」

と正当性を主張した。

(2021年1月9日配信)

上記の通り、引退の理由は新型コロナウイルスでした。

確かに、これほど感染が拡大していれば、「大会に出場したくない」というのが本音でしょう。

しかし、相撲協会が琴貫鐵の言い分を聞き入れることはありませんでした。

そのため、苦渋の選択として引退を決断したというわけです。

「コロナが怖い」という理由で引退した力士はいないため、琴貫鐵のケースは異例です。

ただ、世界情勢を鑑みて、柔軟に対応できない相撲協会に対しては批判の声が上がっています。

世間の反応

別に事実なら引退してSNS使って間違いないこと伝えるのはおかしい事じゃないのでは。

それより前例のない病気でのこういった力士の声に耳を貸さない協会のほうがおかしい。

亡くなられた方もいらっしゃるので本当に怖いんだと思います…。

これだけ増え協会ももっと力士の気持ちを考えてあげてほしい。

「コロナが怖いので両国まで行けないから休場させてほしい」

…この心境、このお相撲さんだけじゃないと思うよ。

で、協会の返事が

「コロナが怖いから休場というのは理由にならない」って?

冗談じゃありませんよ!

このご時世、
緊急事態宣言も出てるのに、
協会はそういう声に耳も貸さないの?

去年から今年にかけては
みんな命の危険を感じながら生きているんです。

協会はお相撲さんの命より開催が優先?

Twitter上では相撲協会の対応を批判していた

自身のTwitterにて力士引退を報告した琴貫鐵ですが、実は以前から相撲協会の対応を批判していたのです。

相撲協会への批判がこちらです。

上記の通り、感染が拡大し続けている中で大会を強行する相撲協会の対応を暗に批判していたのです。

このツイートは2020年7月16日に投稿されたものですが、この時点で既に引退を決断していたのでしょう。

プロフィール

琴貫鐵のプロフィールがこちらです。

プロフィール

本名:柳原大将(だいすけ)

生年月日:1998年2月28日生まれ

年齢:22歳
(2021年1月現在)

出身地:滋賀県 大津市

身長:175cm

体重:111kg

四股名:琴宮倉大将→琴貫鐵大将

※「https://sadogatake.jp/profile/?rid=34」参照

スポンサーリンク