【彼女】鳥屋智成の現在+その後↓弟の苗字が違う理由

時事

こんにちは。坊主です。

2021年10月15日、「フライデー」が慶應大学生による事件を取り上げ世間の注目を集めています。

フライデーが取り上げた事件は2018年に発生したもので、逮捕された慶大生(当時20歳)には既に有罪判決が言い渡されています。

一体、この事件で逮捕・起訴された慶大生とはどんな人物なのでしょうか?

慶大生:刈谷成之(仮名)が逮捕され有罪判決

逮捕された慶大生についてフライデーは次のように報じています。

18年、そのエリート大学生が、
自宅で父親を刺×する事件を起こした。

彼はダンスサークルで活躍し、
公認会計士を目指す20歳の大学生だった。

東京都内のマンションで、
刈谷成之(事件当時20歳。以下、登場人物はすべて仮名)は長男として育った。

生まれは97年、
3歳下に弟が一人いた。

※「https://friday.kodansha.co.jp/article/209939」より引用

上記の通り、この事件で逮捕された「刈谷成之」(仮名)は自分の父親を手に掛けていたのです。

しかし、裁判では懲役3年の有罪判決が言い渡されるも、5年の執行猶予が付されています。

その理由としては、刈谷が統合失調症を患っていることが影響していると思われます。

一体、刈谷成之とはどんな人物なのでしょうか?

世間の反応

でも意外とどこにでもありそうな家庭だなと思った…それが怖い。

息子が明らかに精神を病んでいるのに、
夫が大丈夫と言うからそんなもんかなとほっとくお母さん、

客観的に見たら酷いけど、
個人的には痛いほど気持ちがわかる。。

ガチ酒乱といると本当にストレスがたまる。

酒が抜けるといい人でも、
狂ってる場面を見ているからこっちの精神がカオスになる。

会社の同僚とかでも嫌なのに、
家族ならなおさらだろう。

酒乱のアルコール摂取は、
違法薬物並みに取り締まった方がいいと思ってしまう。

本人の気持ちは別として、
この事件の後も弟くんが今まで通り学校に通えていたことが救いだと思う。

周囲のお友だちや関係者の配慮が素晴らしかったのだと思う。

刈谷成之の実名は鳥屋智成↓現在(その後)や彼女は?

冒頭のフライデーでは刈谷成之と仮名で報じられていますが、当時の報道では実名が表記されていました。

慶応大学2年、
鳥屋智成容疑者(20)を××未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。

※「https://www.dailyshincho.jp/article/2018/01220601/?all=1&page=1」より引用

逮捕された鳥屋智成の画像がこちらです。

裁判では執行猶予5年の有罪判決が言い渡された鳥屋ですが、現在(その後)は何をしているのでしょうか?

そこで、彼の近況について調べてみたものの、詳しい様子は報道されていないことが分かったのです。

裁判で判決が下されたことでマスコミも本件を追っていないためか、鳥屋の続報は出ていないのです。

鳥屋に関して最後に確認された情報は2019年3月時点のものでした。

鳥屋は統合失調症を患っていることから、現在は治療に専念しつつ社会復帰を目指していると思料されます。

ちなみに、ネット上では鳥屋の彼女にも関心が集まっていましたが、現在の時点で彼女がいたという証言や報道は確認されていません。

ただ、裁判で語られた犯行動機の中には、彼女の存在を示唆する鳥屋の証言が存在していました。

本人によると、「強制的に結婚させられそうになった」「自分の恋愛に干渉された」と証言しているのです。

しかし、鳥屋は統合失調症であるため、これらの発言が真実とは異なっている可能性もあります。

弟の苗字が違う理由とは?

事件が発生した2018年当時、鳥屋本人のFacebookアカウントが存在していました。

しかし、現在では既にアカウントが検出できないため、本人が削除したと思われます。

当該アカウントには弟の名前も記載されていましたが、鳥屋と苗字が異なっていたのです。

当時の記載によると、弟の苗字は「安藤」となっており、兄弟にも拘わらず苗字が一致していません。

ただ、これまでの報道において、兄弟で苗字が異なる理由については一切言及されておらず、詳細は不明なのです。

スポンサーリンク