【徳谷和彦】堂々久:父親の顔画像は?徳谷奈那子の難病(病名)とは?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年2月12日、奈良県 宇陀(うだ)市の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、調理師の徳谷和彦です。

徳谷は娘の奈那子さんと無理心中を図ったとして逮捕されたのです。

しかし、「週刊女性PRIME」によると、徳谷の凶行が及んだ原因が父親にあると報じられたました。

一体、父親はどんな人物なのでしょうか?

また、父親は息子の徳谷に対して何をしたのでしょうか?

徳谷和彦は父親からパワハラを受けていた?

逮捕された徳谷について週刊女性PRIMEは次のように報じています。

そんな好人物が悲惨な事件を起こしてしまった理由を、

「はっきり言って、父親のパワハラ」

と容疑者の父親を名指しするのは、一家を知る関係者。

「徳谷さんの父親は、昔気質の職人肌で仕事に厳しすぎる。

特に身内にはね。

さらに、
最近は酒を飲みながら仕事をして、
徳谷さんをお客さんの前で叱ったりしていました。

この関係者は、
最近の容疑者の異変に気がついていたという。

「今までは、父親に怒られると、素直に

“はい! はい!”

と姿勢を正していたけど、
近ごろは反抗ぎみだった。

ストレスがたまっていたのか、顔色もよくなかった」

※「https://www.jprime.jp/articles/-/20159」より引用

徳谷家の事情を知る関係者によると、徳谷の父親は客の面前で息子を叱り飛ばしていたようです。

父親からのパワハラなどが積もり積もって、徳谷は凶行に及んだとされています。

世間の反応

親が死んだあとに障害をもつ子供はどうやって生きていくのか?

その答えが明確に出ないのが今の日本。

当事者以外の人が父親を責められないと思う。

ほんとに記事通りなら同情に値すると思う。

長時間働いて障害ある家族の世話してって普通はできない

私はやってますって言える人は
楽な仕事ができてるだけかと

今反省しても・・・

お孫さんは帰って来ないし、
息子さんも一生自分のした事を抱えて生きていかなければならない。

もちろん奥さんも、娘さんを失った悲しさや夫の罪を背負わないといけなくなる。

祖父の罪は計り知れない。

父親(堂々久の店主)の顔画像は?

父親は大宇陀市で「堂々久(どどく)」という和食店を経営しています。

父親は同店の店主を務めていますが、一体、どんな人物なのでしょうか?

そこで、父親の画像を調べてみたものの、顔写真などは一切アップされていないことが分かったのです。

SNSなどはで確認されたのは料理の話題だけであり、店主(父親)に関する情報は一切得られていません。

娘:徳谷 奈那子の難病(病名)とは?

父親によると、孫の奈那子さんは難病を患っていたようです。

奈那子さんは身体に障碍があり、自力での歩行が困難でした。

実は、この障碍は先天的なものではなく、難病による後遺症だったのです。

「奈那子が食中毒で障害者になったのは違う。

誰がそんなこと言うとるんですか? 

ある日、突然、高熱を出して急いで病院に連れて行ったら、難病やったんです」

その後遺症で障害に……と再び涙を見せた。

※「https://www.jprime.jp/articles/-/20159?page=3」より引用

難病の詳細(病名)までは明らかにされませんでしたが、高熱によって後遺症を併発する難病としては「痙攣重積型 急性脳症」が存在しています。

スポンサーリンク