【恫喝】首相補佐官:和泉洋人の家族構成↓妻+子供は?

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、菅 義偉総理の側近で首相補佐官を務める和泉洋人氏を取り上げます。

”菅総理の懐刀”と評される人物ですが、ここに来て横浜市長選に介入した疑惑が報じられました。

報道によると、和泉補佐官は”特定の候補”を支援するように関係各所に圧力をかけていたようです。

一体、和泉洋人補佐官とはどんな人物なのでしょうか?

首相補佐官:和泉洋人が小此木 八郎の支援を恫喝要請

和泉補佐官の恫喝疑惑について「デイリー新潮」は次のように報じています。

市長選史上最多の8人が名乗りを上げた横浜市長選。

当選ラインに入るのは、
まず菅総理の全面支援を受ける小此木八郎・前国家公安委員長、
次いで立憲民主党が推薦し、共産・社民党からの支援も受ける山中竹春・元横浜市立大教授。

さらに現職で4選を狙う林文子・横浜市長。

選挙戦は実質、この3人の争いになると見られる。

次期衆院選の前哨戦と位置付けられ、
小此木氏が負ければ“菅降ろし”が一気に加速するのは必至。

そのためテコ入れに乗り出したのが、
総理側近の和泉洋人・首相補佐官だという。

「その強引な手法が新たな火種を生んでいます」

とは地元経済団体関係者。

「7月後半以降、
和泉氏がIR賛成派の鹿島建設など大手ゼネコンのトップに直接電話をかけて“小此木支援”を要請したとの話が広まりました。

和泉氏は

“政権として小此木氏を事実上の公認候補とする。

だからそれに倣(なら)うよう取引先に周知してほしい。

従わなければ今後、国内どころか、海外の事業にも影響が出る”

などと、
恫喝めいた口調で協力を迫ったと聞きます」

(2021年8月20日配信)

上記の通り、和泉補佐官は小此木 八郎氏の支援要請を関係各所に通達していたのです。

しかし、その際の口調は恫喝めいており、要請を断れば不利益をチラつかせていました。

和泉補佐官の恫喝は録音されており、その音声データも流出しているとのこと。

もし恫喝疑惑が事実であれば、和泉補佐官の行為は選挙の公平性を根幹から揺るがすものと言えます。

世間の反応

菅さんが支援すればするほど、苦戦するのが目に見えてます。

衆議院選挙を見据え、横浜市民の良識が、問われていると思います。

国民を馬鹿にする、現政権を終わらせる第一歩になることを期待しています。

菅総理の利権のためやゼネコン、
そこに群がる一部の企業の思惑のために市長選をやるわけではない。

ましてや恫喝し、

なんとかしろ、今後わかっているよな

てなことは暴力団と同じだ。

益々不利になることがわからないのだろう。

まぁ少なからずそういうことを続けていたと推測はできるけど。

とにかく横浜市民の皆さんのための選挙です。

よくお考えの上での投票を。

正に菅義偉のやり方。

権力を振りかざして、民主主義もへったくれも無い。

民意が正しく市政に活かされるように、横浜市の皆さん、選挙に行きましょう。

打倒、自民党で。

家族構成:妻や子供の名前は?

和泉補佐官の存在が一躍有名になったのは、厚生省審議官を務める大坪寛子氏との不倫スキャンダルでした。

2人は不倫の事実を否定したものの、腕を組む瞬間が押さえられているため、国民は彼らの釈明を信じてはいません。

2人の関係が「不倫」と報じられたことかわも分かるように、和泉補佐官には妻がいます。

今回の不倫スキャンダルをすっぱ抜いた「週刊文春」によると、和泉補佐官は「愛妻家」を気取っていたとのこと。

ただ、奥さんは一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)などは明らかにされませんでした。

さらに、子供の有無についても言及がなかったため、家族構成も不明となっています。

しかし、大坪氏との不倫スキャンダル以降、和泉補佐官が離婚したという報道はないため、現在でも婚姻関係が継続していると思われます。

スポンサーリンク