【早大パワハラ】60代の男性教授は誰?名前は?教育 総合科学学術院

時事

こんにちは。坊主です。

2020年7月10日、早稲田大学の教授がパワハラ行為で懲戒処分を受けたことが報じられ世間の注目を集めています。

一体、パワハラを行っていた教授は誰なのでしょうか?

60代の早大教授がパワハラで停職6ヵ月の懲戒処分

パワハラ行為で処分された教授について「KYODO」は次のように報じています。

早稲田大は10日、
学生を「ばか」呼ばわりにするなど高圧的な言動を繰り返したなどとして、
教育・総合科学学術院の60代の男性教授を停職6カ月の懲戒処分にした。

早大によると、
教授は2019年4~8月、
担当授業を受けていた複数の学生に対し、
人格を否定するような発言をしたり、
ばか呼ばわりをしたりした。

会議で別の教員の発言を否定し、
怒鳴り散らすこともあった。

8月に学生から相談があり、発覚した。

教授は事実を認めているという。

早大は

「再発防止に向けた取り組みを一層強化する」

としている。

(2020年7月10日配信)

上記の通り、問題の男性教授は停職6ヵ月の懲戒処分を受けていました。

ただ、男性教授の名前(実名)は公にされていません。

一体、この人物は誰なのでしょうか?

世間の反応

最近、早稲田は教員のハラスメント関連の不祥事が多い。

ハラスメントを許容しないいい傾向なのか、
ハラスメントが蔓延している悪い傾向なのか…

昔とは違うよね。

こんな先生はいくらでも居て、
誰も咎めることはしなかったし、できなかった。

時代は変わったものだ。

我々年配者が記事を読みますと

「この程度で停職か」

が先です。

これも停職処分することなく
謝罪で済ませるべきでしょう。

「謝罪」をもっと和解対策に使うことが重要です。

処分やペナルティを課す風潮は人間社会では良くないと思います。

教育・総合科学学術院の男性教授は誰?名前は?

KYODOの報道でがパワハラに及んだ男性教授の名前は記載されていませんでした。

そこで、早大のHPを調べたところ、公式サイトでも教授の実名は公表されていなかったのです。

※「https://www.waseda.jp/top/information/69615」より引用

早大が教授の実名を公表していない以上、問題の人物を特定することは不可能です。

問題の教授を特定するには、最低でも「所属」や「年齢」が必須です。

スポンサーリンク