【木下雄介】心臓+脳の重篤はワクチン副反応?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、「中日ドラゴンズ」の木下雄介投手を取り上げます。

2021年7月28日、木下投手がワクチン接種後に倒れていたことが報じられ世間の注目を集めています。

一体、現在の容態はどうなっているのでしょうか?

木下雄介投手がワクチン接種後に重篤に

ワクチン接種後の木下投手の容態について、「デイリー新潮」は次のように報じています。

「木下はコロナのワクチンを接種したばかりでした」

と語るのは、さる球団関係者だ。

「接種から数日後、
彼は名古屋市内の練習場でかなり力の入った激しい運動をしていました。

その最中に倒れ、
大学附属病院に運び込まれたのです。

容体は現在、重篤で……」

声を詰まらせて続けるに、

「まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。

人工呼吸器を外すこともできません。

奥さんが付きっきりですが、
ショックを受けておられて気安く声をかけられるような雰囲気ではない。

この事実を知っているのは、
与田剛監督はじめ首脳陣と、ごく限られた一部の選手だけです」

(2021年7月28日配信)

上記の通り、木下投手はワクチン接種の数日後に倒れていたのです。

現在の容態は芳しくなく、予断を許さない重篤な状態が続いているようです。

現在のところ、ワクチン接種との因果関係は証明されておらず不明です。

しかし、ネット上ではワクチン接種との関係を疑う声が散見されます。

世間の反応

ワクチン接種との因果関係ははっきりしないようですが、
それまで元気で練習していたのなら
他に原因も考えにくいのも事実ですよね。

とにかく回復される事を祈念いたします。

なんとか持ちこたえて欲しいと思います。

心臓に加え脳にも影響が出ているとなると、
元気になっても後遺症が残らないか心配ですね。

また野球が出来るように健康になって戻って来て欲しい。

何とか頑張って下さい、応援しています。

ワクチン接種後、
血栓や心筋梗塞、脳内出血で亡くなる人が結構いる感じがする。

取り敢えず
ワクチン接種後は暫くは運動は避ける特に激しい運動は。

ワクチンの副反応?心臓および脳への影響とは?

報道によると、倒れた木下投手は心臓周辺に問題が発生し、その影響は脳へと波及したようです。

果たして、これらの症状はワクチンによる副反応なのでしょうか?

そこで、ワクチンの副反応について調べたところ、稀に心臓に炎症が起きる事例が報告されていたのです。

欧州医薬品庁(EMA)は9日、
米ファイザー/独ビオンテック製と
米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの副反応について、
「非常にまれ」に心臓に炎症が起こる可能性があると発表した。

それによると、
この副反応は比較すると若い男性により多く見られるという。

※「https://www.bbc.com/japanese/57787039」より引用

この発表によると、副反応として現れる心臓病としては「心筋炎」や「心膜炎」が確認されているようです。

さらに、これらの副反応は若い男性に起きやすいとのこと。

この発表に照らして考えると、木下投手の症例と一致するように思えます。

また、脳への副反応については「急性散在性脳脊髄炎」という病気が確認されています。

C:ギランバレー症候群

(中略)

急性散在性脳脊髄炎

接種後数日から2週間以内の発熱、頭痛、けいれん、運動障害、意識障害で発症。

脳炎・脳症、脊髄炎、視神経炎
→入院加療。

※「http://www.kaneko-clinic.info/vaccine_side_effect.html」より引用

この病気は、脳や脊髄の神経が傷ついて炎症を起こし、神経の中心部分が剥き出しの状態になってしまうことで、様々な病気を誘発します。

主な症状としては「頭痛」や「吐き気」などが挙げられますが、重篤なケースでは「手足のしびれ」や「けいれん」などを引き起こします。

参照先

https://doctorsfile.jp/medication/461/

【8月6日追記】木下雄介投手が死去

同日に配信された「スポニチアネックス」により、木下投手が8月3日に死去していたことが明らかになりました。

ただ、現在の時点では詳しい死因については言及されておらず、ワクチン接種との因果関係も解明されていません。

スポンサーリンク