【東大事件】犯人:17歳少年(高校生)の高校は名古屋市のどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

2022年1月15日、”全国共通テスト”の初日であるこの日、東大の試験会場(弥生キャンパス)で受験生が刺される事件が発生しました。

報道によると、逮捕された犯人は17歳の少年(高校2年生)で、受験生ではなかったようです。

一体、この少年はどこの高校に通っているのでしょうか?

東大切りつけ事件の犯人は名古屋市の高校2年生

本事件で逮捕された17歳の少年について、「テレ朝news」は次のように報じています。

同記事によると、この少年は名古屋市在住で同市内の”私立高校”に通う学生でした。

少年は「勉強が上手くいかず事件を起こして死のうと思った」と供述しており、2021年の時点で犯行を企図していたようです。

つまり、今回の切りつけ事件は、試験会場にいた人間であれば誰もが被害者になる可能性があり、無差別テロと言えます。

世間の反応

良い学校に進学しないと人生終わり、
良い企業に就職しないと人生終わり。

そう言い聞かされて育つと0か1かの思考になってしまうのかもしれませんね。

うちの子どもも犯人と同じ高2だけど、
勉強がうまくいかないからって高2でそこまで思いつめないし、
逆に余裕かましてて親の方が心配になるくらい。

情状酌量の余地を探すとかじゃなくて、
なんで高2でそんなコトをしようとしたのかはしっかり調べてほしい。

人を傷つけている以上全く同情の余地はない。

でもこの少年は親から教育虐待を受け、
どこにも逃げ場が無くてこういうことを起こしてしまったのかなと考えると心が痛くなる。

こうなる前に学校や塾の先生に助けを求めて欲しかったな。

名古屋市の私立高校はどこ?

現在のところ、犯人の少年が通っている私立高校の名前は特定されていません。

しかし、「FNNプライムオンライン」の報道によると、犯人は詰襟(学ラン)の制服を着ていたようです。

そこで、「名古屋市」「私立高校」「学ラン」を条件に調べたところ、これに合致する高校が”複数”確認されたのです。

以下のサイトを参考にすると、「東海高校」および「名古屋高校」が条件に合致しています。

参照先

https://school.js88.com/scl_h/seifuku?k=1&area=23&s=1

しかし、条件に合致しているというだけでは、上記高校のいずれかに犯人の少年が通っていたと断定することは出来ません。

なぜなら、犯行時に着用していた制服が高校の制服とは限らないからです。

可能性の話をするのであれば、捜査を攪乱するために”中学校”の制服を着用していたことも考えられるでしょう。

または、自身が通う学校とは無関係の制服を着ていた可能性も否定できません。

2021年の時点から犯行を計画していたことを踏まえれば、それくらいの準備や隠蔽工作をしていても不思議ではないからです。

犯行時に来ていた制服の画像が公開されれば、学校名を特定することも容易になると思われます。

犯人の高校名について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

補足

本件記事内で言及されている2校については、
報道された条件に合致しているというだけであり、
犯人の少年が通っていたと断定できる確証は一切ありません。

また、そのように信じるにつき相当な理由も窺われないことから、
同校への問い合わせは絶対にお止め下さい。

【追記】東海高校でマスコミ関係者の目撃情報あり

Twitter上では、東海高校でマスコミ関係者の姿が目撃されていました。

これだけでは犯人の通う高校が同校だとは断定できませんが、「文春オンライン」が既に学校名を明らかにしていたのです。

上記の通り、犯人の少年は東海高校の生徒手帳を所持していたのです。

係る状況を踏まえると、犯人は東海高校の生徒と考えるのが普通です。

【1月16日追記】犯人の名前(実名)を5chが特定?親の職業は医者?

逮捕された犯人は未成年であることから、逮捕後も素性(名前・顔写真)は公開されていません。

係る事情から、ネット上では少年および家族(両親)に特定作業が活発化しているのです。

そこで、犯人について調べたところ、5ch(2ch)に犯人とされる人物の顔写真(画像)が投稿されていました。

問題の書き込みでは「犯人はこいつらしい」という文言と共に、犯人と思しき少年の顔写真がアップされていたのです。

Twitterでも問題の写真が転載されていますが、モザイクが施されているため、その素顔までは不明です。

しかし、犯人の顔写真を5chにアップした人物も「犯人はこいつ”らしい”」と伝聞推定系で投稿しており、本人も確証がないことが窺えます。

つまり、犯人の少年として投稿された写真を本人と裏付ける証拠は何一つとして存在していないのです。

本事件とは無関係の人物が晒されているという可能性も多分にあることから、当該写真を転載・拡散する行為は厳に慎むべきです。

事実、5chに投稿されていたのは顔写真のみであり、犯人の名前(実名)には一切言及されていませんでした。

通常であれば、犯人の名前と顔写真が同時に晒されるのが普通です。

名前に関する情報がないことから、問題の写真は本事件とは全く関係ない人物であり、無作為に選ばされた可能性が高いと考えられます。

補足

恐らく、
本事件の犯人として5chに投稿された写真は塩田×××さんだと思われます。

事実、
この人物の名前で検索するとモザイク処理前の写真がヒットするのです。

つまり、
問題の写真は本事件とは全く関係がない人物だと言えます。

この人物は、2017年に”あるYouTuber”が炎上した際に身元を特定されてしまい、
5chユーザーによって専用のスレッドが立ち上げられるなどして注目を浴びた”一般人”です。

一連の騒動を知る人間が”ネタ”として5chに顔写真をアップしたところ、
それが別の人物によって(デマ)記事化されてしまい、今回の拡散に至ったと予想されます。

また、ネット上では両親についても様々な考察がなされており、「学歴至上主義」や「職業は医者」という可能性が指摘されていました。

https://twitter.com/yatu_honki/statuses/1482290950235770881

ただ、これらの考察は全て第三者による憶測であり、「親=学歴至上主義」および「親の職業=医者」という言説は真実ではありません。

ちなみに、Twitterでは犯人および家族の素性を暴露すると予告しているアカウントが存在していました。

しかし、現在のところ、それらの情報は暴露されていません。

少年の人物像は特定されていないものの、彼を知る人物によると、その優秀さは「東大以上」とも評されていたようです。

高校では常に首位争いをしていたことから、学校内では東大医学部への進学が”確実視”されていたのかもしれません。

その一方で少年本人は成績不振を口にしているため、周囲との評価とは裏腹に、彼は心に”闇”を抱えていたことが窺われます。

【1月17日追記】

爆サイでは犯人の名前として「小島よしひろ」という書き込みが確認されています。

しかし、
それを裏付ける客観的な証拠は一切なく、
顔写真も添付されていませんでした。

このことから、
「小島よしひろ」は本事件とは無関係と判断すべきです。

5chにも、犯人と称して無関係な人物の顔写真が投稿されているため、
爆サイにおける投稿も”愉快犯”による書き込みだと思われます。

〈参照先:爆サイ〉
https://bakusai.com/thr_res/acode=5/ctgid=104/bid=471/tid=10125673/

【1月17日追記】父親は医者?勤務先の病院はどこ?

爆サイでは、少年の父親について「勤務医」という情報が書き込まれていました。

父親に関する書き込みがこちらです。

#94 2022/01/16 12:03

東海高校 父親が勤務医、家系は開業医

2年で修学旅行委員、
学校のHPに写真と名前出ていたけど現在学校のHPは見ることが出来ない

#101 2022/01/16 12:11

>>94
父親の勤務先はどこの病院?

#102 2022/01/16 12:11

>>98
名古屋市内にある親族の病院にはマスコミがいるらしな

※「https://bakusai.com/thr_res/acode=5/ctgid=137/bid=1098/tid=10125683/」より引用

上記の通り、少年は開業医の家系に生まれており、父親は名古屋市内の病院に勤務しているとされています。

しかし、これを裏付ける客観的な証拠は何一つ提示されていなかったのです。

つまり、このような”それらしい情報”は誰でも書き込めるというわけです。

事実、父親に関する情報は錯綜しており、「開業医」という情報も確認されているのです。

同じ医者でも勤務医と開業医では形態が大きく異なるため、これら情報の信憑性については「重大な疑義がある」と言わざるを得ません。

現在、ネット上ではデマ記事や釣り記事が氾濫しているため、マスコミが報じていない非公式な情報については鵜呑みにせず、その真贋を見極めるべきです。

【1月18日追記】「父親の職業=医者」はデマ

同日に配信された「日刊ゲンダイDIGITAL」により、父親の職業が「私立大学の事務職員」であることが明らかになりました。

ネット上では「父親の職業=医者」という情報が真実であるかのように先行していましたが、これがデマであることが確定したというわけです。

5chや爆サイなどの匿名掲示板を中心に、父親の素性として「名古屋市立大学 医学部卒」や「開業医(勤務医)」などといった”尤もらしい情報”が次々と投下されていましたが、これらも全てデマです。

さらに、これらのデマ情報を個人ブロガーが”無検証”で記事化したことで、父親に関する虚偽事実が一般ユーザーの目に届き易くなったというわけです。

本件記事内でも指摘している通り、匿名の情報は十分に精査し、”裏を取る”という検証が必須です。

これらのデマ情報を真実として記載してしまった方は速やかに削除するようお願いします。

スポンサーリンク