【林真須美の娘】長女の名前+画像↓鶴崎心桜の母親

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、林 真須美死刑囚を取り上げます。

1998年7月に発生した「和歌山カレー事件」の犯人として死刑が確定した真須美死刑囚ですが、ここに来て”ある事件”との関連が明らかになりました。

その事件というのが、2021年6月9日に「関西空港連絡橋」で発生した飛び降り事件でした。

実は、この時に飛び降りた女性(37歳)が、真須美死刑囚の娘(長女)だったのです。

一体、真須美死刑囚の長女とはどんな人物なのでしょうか?

林 真須美の娘(長女)が関西空港連絡橋から飛び降り

真須美死刑囚の長女について「AERA dot.」は次のように報じています。

「虐待の疑い、そして心中事件…。もうアカンと」

こうがっくりと肩を落とすのは、
(中略)
和歌山カレー事件に関連した詐欺容疑で逮捕された林健治さん(76)だ。

健治さんと眞須美死刑囚は6月9日、
長女Aさん(37)と孫をいっぺんに亡くしたという。

事件が発覚したのは、
和歌山市内の集合住宅で9日、
健治さんの孫、Bさん(16)が全身打撲による外傷性ショック死したこと。

和歌山県警は家庭内で虐待があった疑いがあるとみて、捜査を開始した。

しかし、
Aさんと次女Cさん(4)がその数時間後、
大阪府南部の関西空港近くの海上で浮いているのが見つかり、
死亡が確認された。

(2021年6月13日配信)

上記の通り、真須美死刑囚の長女には2人の子供(Bさん、Cさん)がいたようです。

一体、長女はどんな人物なのでしょうか?

また、長女の子供であるBさん及びCさんとは誰なのでしょうか?

世間の反応

まさかの関係性にびっくり。

真相をはっきりとして欲しい。

この16歳の少女が亡くなった事件はネットニュースで目にしてたけど、
まさか、林真須美の子と孫の事件だったとは。

驚いた。

因果は巡るということか。

林の長男はどうしているのだろうか、
家族事情が不幸すぎる

このニュース見たけど…
例のカレー事件の娘と孫だったんか…

昔このカレー事件の現場近くに住んでたけど
会う人みんな『カレー事件の近くに住んでるんだ!』みたいな
あの空気に耐えられなくて暫く後に引っ越ししたけど
みんなの心に傷を追わしたあの事件は忘れられませんね。

続報を待ちます

同居の夫?は生存してるみたいだから
全て告白してもらいたいです

長女の名前や顔画像(写真)は?

真須美死刑囚の子供について調べたところ、4人の子供の存在が確認されました。

真須美死刑囚の子供

〈1〉長女(1984年生まれ)

〈2〉次女(1985年生まれ)

〈3〉長男(1987年生まれ)

〈4〉三女(1993年生まれ)

関西空港連絡橋から飛び降りた長女ですが、現在のところ、名前や顔写真は一切公表されていませんでした。

恐らく、真須美死刑囚の子供であることを踏まえて、報道管制が敷かれていると思われます。

これまでに真須美死刑囚の子供については詳しい素性(名前・顔写真・勤務先)などは一切報じられていません。

そのため、今後も長女を含む子供の名前が公表されることは期待できないでしょう。

ただ、長女の名字については「鶴崎」という報道が確認されました。

このことから、「鶴崎」という男性と結婚していたと思われます。

ちなみに、子供4人のうち長男だけは真須美死刑囚の情報をSNSで積極的に発信しています。

長男のTwitterがこちらです。

ただ、長男本人の素性は全て伏せられていました。

娘の名前は鶴崎心桜

現在は「鶴崎」姓であることが分かった長女ですが、彼女の娘は「心桜」(こころ)という名前のようです。

和歌山市の集合住宅で9日、
住人の鶴崎心桜さん(16)が心肺停止の状態で見つかり、
死亡していたことが11日、
和歌山県警への取材で分かった。

9日夕には大阪府の関西空港連絡橋近くの海で鶴崎さんの母(37)と、
その娘(4)が発見され、死亡が確認された。

※「https://www.nikkansports.com/general/news/202106110001281.html」より引用

上記の通り、真須美死刑囚の長女については「鶴崎さんの母」と匿名で報じられています。

やはり、真須美死刑囚の子供であることが考慮されて匿名で報道されていると思われます。

父親は誰?

心桜さんの父親ですが、真須美死刑囚の長女はこの男性と結婚していなかった可能性も考えられます。

というのも、報道では「父親」ではなく「同居の男性」と表現されているからです。

和歌山市消防局などによると、
救急隊員が駆けつけた際、
自宅には長女の他、母親と次女、
同居の男性の計4人がいた。

※「毎日新聞」より引用
(2021年6月10日配信)

夫婦であることが明らかである場合、その一方を「同居する男性」と表現することは極めて不自然です。

もしこの2人が入籍していなければ、内縁関係ということになりにます。

また、そのように仮定すれば、「同居する男性」は心桜さんの”実の父親”ではないでしょう。

恐らく、真須美死刑囚の長女と”元夫”との間に生まれた子供が心桜さんで、離婚後に「同居する男性」との生活を始めたと思われます。

このことから、4歳の次女が「同居する男性」の実子と考えるのが妥当です。

スポンサーリンク