【死亡事件】天満駅:雑居ビルのカラオケパブどこ?店名は?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年6月14日、大阪市北区のJR天満駅近くで事件が発生しました。

この付近にある雑居ビルで営業しているカラオケパブで、女性の死亡が確認されたのです。

一体、このカラオケパブとはどこなのでしょうか?

大阪市北区:天満駅近くの雑居ビルで死亡事件

死亡事件が発生した雑居ビルについて、「日テレNEWS24」は次のように報じています。

大阪市北区のJR天満駅近くの雑居ビルに入る店舗で、
20代の女性が倒れているのが見つかり、
その後、死亡が確認されました。

警察によりますと、
現場は、大阪市北区の雑居ビルに入るカラオケパブの店内で、
午前10時40分ごろ、

「女性が倒れている」

と通報がありました。

(2021年6月14日配信)

上記の通り、死亡が確認されたのは20代の女性でした。

一体、このカラオケパブはどこなのでしょうか?

世間の反応

猟奇的だよ、
最近 見境無くこんなのばっかり…

怖い 怖い

天満駅近くのバス停の所だな。

古いテナントビルが集中してる一角

いつも天満駅前でキャバクラのキャッチしている娘さんかな?

カラオケパブ(5階)はどこ?店名は?

事件が起きた雑居ビルについて調べたところ、報道の映像から「第二JKビル」であることが分かりました。

死亡事件が起きた同ビルがこちらです。

報道されたビルの外観が一致していることから、事件が起きた雑居ビルは第二JKビルだと思われます。

このビルの5階に入る店を調べたところ、「天満カラオケパブごまちゃん」という店がヒットしました。

ただ、このカラオケパブで事件が起きたという事実は確認できていないため、断定するものではありません。

その後の報道により、事件が発生したのは「天満カラオケパブごまちゃん」であることが確定しました。

[/box

【追記】死亡女性はカラオケパブのオーナー

続報によると、死亡した女性は「カラオケパブごまちゃん」を経営する”オーナー”とのこと。

そこで、同店について調べたところ、女性キャストの中に”店長”という肩書の人物が存在していたのです。

この店長は25歳で、本人のTwitterおよびインスタグラムも確認されました。

しかし、「店長≠オーナー」という可能性も考えられるため、顔写真やSNSアカウントの公開は控えさせて頂きます。

この女性について続報が入り次第、追記させて頂きます。

【追記】マスコミが”ある人物”に連絡を図る

警察は本件を刑事事件と断定して捜査を開始しました。

つまり、この事件には犯人が存在していることになります。

現在のところ、犯人に関する情報は一切ありませんが、マスコミが不穏な動きを見せていたことが確認されました。

実は、「読売テレビ報道局」がTwitter上で”ある人物”を接触を図っていたのです。

そのやり取りがこちらです。

上記の通り、同局は”複数”のリプライの中から「たけのこ」というTwitterユーザーのみに連絡を試みていたのです。

マスコミがこのように接触を図るケースと言えば、「事件の目撃者」や「被害者(加害者)の知人」などの「事件(犯人)について知っていそうな人物」です。

「ごまちゃん」を利用していた客は複数存在するにも拘わらず、マスコミが「たけのこ」のみに拘っていることは不可解です。

もちろん、これは「たけのこ」が犯人だと断定しているわけではありません。

しかし、マスコミが「たけのこ」だけに接触を図っていることから察するに、この人物が「事件ないし被害者について知っている」と判断した可能性が高いと思われます。

事実、「たけのこ」がフォローをしている人物の中には、「ごまちゃん」のオーナー(と思われる女性)も含まれており、以前から面識があったことが窺えます。

【追記】アルバイト志望者とトラブル?

事件が発覚する前日、「ごまちゃん」には以下のレビューが付けられていました。

21時からのアルバイトの面接で伺いましたが、
CLOSEのまま反応無し…

電話も拒否され謝罪もいまだにありません。

他に採用する人が見つかったとかなら連絡ぐらい欲しいものでした。

オーナーがこんなのでいいの?

※「https://www.google.com/maps/reviews/@34.7058618,135.5110588,17z/data=!3m1!4b1!4m5!14m4!1m3!1m2!1s118345302258567641455!2s0x0:0x8d22957118c5187c?hl=ja-JP」より引用

上記の通り、事件発覚の前日はアルバイトの面接が予定されていたのです。

しかし、面接の時刻になってもオーナーとは連絡がつかず、面接自体がキャンセルになってしまったようです。

面接がドタキャンされたことで、アルバイト志望者がオーナーを怨んだ可能性も否定できませんが、その時刻にはオーナーは既に亡くなっていたのかもしれません。

スポンサーリンク