【死去】ジーンバッキーは結婚して家族(嫁+子供)あり!成績は?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、元プロ野球選手として活躍したジーン・バッキーさんを取り上げます。

1962年~1968年まで「阪神タイガース」で活躍した彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

一体、彼の死因は何だったのでしょうか?

ジーンバッキーが死去!死因は?

ジーンさんの死去について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

プロ野球阪神で日本通算100勝を挙げ、
外国人選手として初めて沢村賞を獲得したジーン・バッキー氏(82)=米国=が14日(日本時間15日未明)、
死去したことがわかった。

しかし、今月10日、
右総腸骨動脈の動脈瘤の手術を受け、
それは成功したものの、
術後に合併症から脳卒中を併発

13日にホスピスへ入所したとのことだった。

(2019年9月15日配信)

上記の通り、死因は合併症による「脳卒中」でした。

世間の反応

バッキーは甲子園のマウンドにもう一度立ちたいと願ってた

それがランディとなら
どんなに幸せだったか

メッセが引退発表した後ってところにも、
繋がりを感じざるを得ない。

ゆっくりお休みになってください。

阪神での功績が大きい。

故人も望んでいたみたいだけど
メッセンジャーに記録越えて欲しかった。

結婚して家族(嫁・子供)あり

ジーンさんの家族について調べたところ、奥さん2人の娘さんが確認されました。

しかし、奥さんは既に死去されており、彼は2人の娘に支えられて生きていたのです。

He was preceded in death by his loving and devoted wife,
Joyce (Johnson) Martin of 65 years on March 19, 2017,
who he dearly missed.

He is survived by his two daughters,

※「https://www.legacy.com」より引用

上記の通り、妻のJoyceさんは2017年3月19日に65歳という若さで死去されていました。

ちなみに、ジーンさんは両親にも先立たれています。

現役時代の成績は?

阪神時代の黄金期を迎えたジーンさんの成績がこちらです。

※Wikipediaより引用

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!