【死去】高木守道の嫁:奈津子の画像は?息子の名前も

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、元プロ野球選手の高木守道さんを取り上げます。

現役時代は「中日ドラゴンズ」で活躍し、”ミスター・ドラゴンズ”の愛称で親しまれた彼ですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、高木さんの死因は何だったのでしょうか?

高木守道が死去!死因は急性心不全

高木さんの死去について「中日スポーツ」は次のように報じています。

現役時代は中日の名二塁手として活躍し
「ミスタードラゴンズ」と称された中日元監督の高木守道さんが17日、
急性心不全のため名古屋市内で死去した。

78歳だった。

葬儀は家族葬で営まれる。

守道さんは亡くなる5日前の12日に
現役時代から仲のいい元中日投手でタレントの板東英二さん(79)がパーソナリティーを務めるCBCラジオ「板東サンデー」に出演していた。

番組の冒頭で板東さんから

「お変わりございませんか」

と聞くと

「お変わりございません」

と即答。

「いやいや。ずっと毎日一緒?」

と聞かれると

「一緒じゃないですね」

とのかけ合いをするなど、
元気な声を届けていた。

(2020年1月17日配信)

上記の通り、死因は「急性心不全」でした。

生前、高木さんが持病を抱えていたという情報はありません。

そのため、いわゆる”突然死”だったと思われます。

世間の反応

先にも予定入れてたみたいだし、
本当に急だったんだなぁ。

残念。

将来の竜戦士を育てるべく
子供たちにも熱心に野球教室で指導していたのに。

この報を聞いて、

「人の運命や命というのは本当に分からなく儚い。」

と思った。

まだ今週日曜日に地元CBCラジオのレギュラー番組で親友の坂東英二氏とパーソナリティーを務められたばかりなのに…。

高木氏の飾らない朴訥な人柄は、
一見派手な世界のプロ野球選手中では異質でさえあったが、
そこが高木氏の魅力だった。

監督も二度務められ
大変なご苦労を抱えられたと思うが、
それを苦労と感じさせない語り口には本当に好感が持てた。

最後になりましたが、
心からご冥福をお祈りいたします。

長い間、お疲れさまでした。

合唱…。

選手としても普通に凄いしレジェンド。

監督としても良かったし歴史に名を刻んだ。

本当にショックが大きいけど
中日の選手達も今年こそはAクラス入れるように頑張って欲しい

嫁の名前は奈津子!画像は?

Wikipediaによると、高木さんの奥さんは「西川流」(日本舞踊)の”ホープ”と謡われた女性とのこと。

板東英二の義母が太鼓判を押した西川流のホープの女性と、
板東英二洋子夫妻の仲人で結婚。

ただ、妻は一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)は記載されていませんでした。

そこで、奥さんについて調べたところ、名前が「奈津子」さんであることが分かったのです。

今キャンプでは
プロ野球人生で初めて奈津子夫人を沖縄に招待した高木監督。

そんなところにも今年(2013年)に賭ける決意が感じられる。

※「中日スポーツ」より引用
(2013年3月4日配信)

しかし、判明したのは名前のみであり、素顔までは掲載されていませんでした。

ちなみに、ネット上では妻の名前として「奈津」との情報が出回っていますが、これは誤りです。

息子の名前+画像は?

高木さんの家族を調べたところ、息子さんの存在が確認されました。

この情報が事実であれば、息子さんは「愛知高校」の野球部に在籍していたようです。

また、勤務先については「中日新聞取次店」との情報も確認されました。

ただし、名前や顔写真までは公表されていません

ちなみに、これらは全て確証がないため、参考程度に留めておくといいでしょう。

スポンサーリンク