【死因】ネオユニヴァース死亡↓種付け中の事故とは何があった?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

2021年3月9日、競走馬「ネオユニヴァース」の死亡が報じられ世間の注目を集めています。

報道によると、ネオユニヴァースは”種付け中の事故”で死亡したようです。

一体、”種付け中の事故”および死因は何だったのでしょうか?

競走馬:ネオユニヴァースが種付け中の事故で死亡

ネオユニヴァースの死亡について「デイリー」は次のように報じています。

03年に皐月賞、日本ダービーを制し、
同年のJRA最優秀3歳牡馬に輝いたネオユニヴァースが8日、
けい養先である北海道新ひだか町のレックススタッドで、
種付け中の事故により死んだ。

21歳だった。

(2021年3月9日配信)

上記の通り、ネオユニヴァースは21歳で死亡しました。

しかし、事故の詳細(内容)や死因については一切言及されていません。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

ショックなニュースだが最近名馬の訃報が多いな。

自身もダービー勝ってるし
種牡馬としてもヴィクトワールピサ等を輩出。

十分な活躍だったと思う。

種付中の事故か、、

何とかならんかったもんなのかな。

残念だわ。

コアなファンしか評価してなかった頃
きさらぎ賞で見せた重馬場でのブッコ抜きは
超弩級の衝撃でした。

種付け中の事故とは何?死因は?

ネオユニヴァースの事故(死亡)について調べたところ、以下の情報が確認されました。

今年初の種付け終了後に牝馬が暴れたためにバランスを崩して転倒し、
肩を亀裂骨折。

安楽死の処置が取られたという。

※「日刊スポーツ」より引用
(2021年3月8日配信)

上記の通り、直接の死因は「安楽死」だったのです。

一般的な安楽死では、致死量の麻酔薬や筋弛緩剤を投与することで心停止を引き起こさせます。

そのため、ネオユニヴァースの死因は心停止によるものだと思われます。

競馬の世界を知らない人間からすれば、骨折程度で安楽死させる処置に違和感を覚えることでしょう。

しかし、競馬の世界では脚部などに何らかの問題が生じた馬は、薬物によって安楽死させることが通例なのです。

スポンサーリンク