【死因】吴花燕(ウーファイエン)が死去!弟の画像は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、吴花燕(ウー・ファイエン)さんを取り上げます。

2020年1月15日、ウーさんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

報道によると、彼女は24歳という若さで死去されました。

一体、死因は何だったのでしょうか?

吴花燕(ウー・ファイエン)が死去

ウーさんの死去について「BBC NEWS」は次のように報じています。

障害のある弟を支援するために1日2元(約30円)で5年間生活し、
極度の栄養失調状態だった中国の女子大学生が13日、死去した。

吴花燕(ウー・ファイエン)さんは、弟によると24歳。

昨年(2019年)10月に呼吸器障害で入院した。

身長135センチ
体重20キロほどの彼女の写真がメディアで取り上げられると、
多くの国民が衝撃を受けた。

担当した医師によると、
5年間にわたって最小限の食べ物しか取っていなかったため、
心臓腎臓に障害があったという。

吴さんには、
回復を願う寄付金が続々と届いた。

しかし、
健康を取り戻すことはできなかった。

(2020年1月15日配信)

上記の通り、彼女は弟の治療を支援するために自身の生活を極度に切り詰めていたのです。

そのため、成人女性にも拘わらず、身長135cmしかなく、体重に至っては20kgしかありませんでした。

報道によると、”おじ”と”おば”から金銭的な支援を受けていたものの、そのお金は全て弟の治療費に充てていたようです。

その一方、ウーさん自身は「米」「トウガラシ」だけを食べ続けていたとのこと。

極度の栄養失調に陥った彼女の頭髪と眉毛は抜け落ちてしまったようです。

世間の反応

軍艦ばかり作ってる場合じゃないだろうに。

党は国民を捨てているな。

まぁ、日本の自民党もそうだかね。

まだましか。

どうにかならなかったのだろうか。

頑張っている人が報われない結果に終わるのは、心底悲しい。

亡くなった彼女自身も、
きっとまだ弟さんの身を案じているだろうに。

以前、入院した記事を読んでとてもショックを受けました。

彼女は学内でも講師の補助やアルバイトまでしていたそうですが
そこで誰も手をさしのべなかったのでしょうか??

ほんの少しだけでも。

彼女が亡くなるまでに
少しでも安心したり幸せだと感じる瞬間があったとら、
と心から願います。

でも本当に残念です。

入院したのでてっきり健康を取り戻して
お金の心配なく安心して大学生活を送れるものだと思ってしまいました。

残念です。

死因は過労による心臓弁膜症

日本のメディアではウーさんの死因については言及されていませんでした。

一体、彼女の死因は何だったのでしょうか?

そこで、中国のメディアを調べたところ、以下の情報が得られたのです。

吴花燕死因考虑早老综合征,
引起严重心血管及瓣膜病

※「https://www.guancha.cn」より引用
(2020年1月15日配信)

重心血は「ハードワーク」のことであり、瓣膜病は「心臓弁膜症」を意味しています。

つまり、彼女は極度の過労から心臓に負担が掛かり、その結果、弁膜症を発症したというわけです。

心臓にある弁は血流は一定方向に維持する役割がありますが、これに異常が生じたものが弁膜症です。

弁膜症が発症すると血流が滞り、心機能の停止が起こります。

弟の画像は?

精神障害を患っているですが、現在のところ、画像は公表されていませんでした。

そのため、弟の素顔や現在の様子などは一切不明です。

中国メディアでも弟の写真は一切掲載されていないため、マスコミ側が自粛していると思われます。

スポンサーリンク