【死因】松崎明:息子+娘の名前↓革マル派のドン

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、労働運動家の松崎 明氏を取り上げます。

享年:74歳

”革マル派のドン”として知られている彼ですが、ここに来て小池 百合子氏との関係が取り沙汰され世間の注目を集めています。

一体、2人はどんな関係だったのでしょうか?

松崎 明と小池 百合子はどんな関係?

松崎氏と小池氏の関係について「デイリー新潮」は次のように報じています。

「あの松崎さんとはベタベタの関係でした」

とは業界関係者。

松崎さんとは、
JR東労組の会長だった松崎明氏(故人)のこと。

氏は「極左暴力集団」と当局に認定されている「革マル派」のドンでもあった。

そして、

「社長は松崎さんの口利きで、
JR新宿駅東口にあったイベントステージの管理運営を請け負い続けていた。

おいしい利権でした」
(同)

というから、
随分な「やり手」である。

その社長と小池氏が出会ったのはパーティーがキッカケ。

すぐに“昵懇”(※じっこん)となり、

「電話はしばしばで、
社長の会社にも出入りしていた。

中でも驚いたのは、
百合子が代表を務めていたファミリー企業の役員に、
この社長を入れていたことです。

この会社は所在地が当時の百合子の自宅で、
役員も他には彼女のお母さんだけ。

そこに名を連ねるということは、
余程深い仲なんだろう、と」
(先の知人)

それほどの仲だから、
小池氏と松崎氏の間に関係が生まれるのも当然で、

「松崎さんの出版パーティーの司会を百合子がしていました」
(同)

結果、
彼女は「極左暴力集団」の広告塔を務めてしまったというワケだ。

(2020年6月23日配信)

上記の通り、小池氏は自身の会社に松崎氏を招き入れ、役員に登用したのです。

ただ、小池氏が政界に進出したことで2人の関係は終わったとされています。

一体、松崎氏とは何者なのでしょうか?

世間の反応

特に興味もありませんが、
選挙が近いと決まってこういう記事が出ますね。

他の候補も出るんでしょうか?

叩けばホコリがたくさん出そうな人、いっぱいいるもんね。

それもこれも含めて投票率上がればいいですね。

小池氏に対しては、
この4年間の都政への承認という意味付けになるので、
小池氏が何をしたのか、
何をしなかったのかということを、全部一覧化して
都民に確認してもらう記事が必要だと思う。

古いなー。

これは文春が何週間か前に出して不発だったネタですね。

もっと細かく調べてましたけど、
結局何も無かったんですよね。

ミスリード誘導しようとして看破され、不発に終わった。

小池氏に関して、
新潮は文春の後追いが多いですけど、
何かあるんですか?

是非そこを記事にして下さい。

息子と娘あり!名前や画像は?

”革マル派のドン”と呼ばれた松崎氏ですが、彼に家族はいるのでしょうか?

そこで、家族について調べたところ、「息子」と「娘」の存在が明らかになりました。

息子の名前は「篤」さんといい、「さつき企画」の社長を務めていました。

目黒さつき会館内にあるさつき企画、
鉄道ファミリー、
日本鉄道福祉事業協会にも捜索が入った。

さつき企画は松崎の息子・松崎篤が社長をやっている会社であり、
いずれもJR総連の利権がらみの会社だ。

※「http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no03/f2111.htm」より引用

ただ、娘さんについては名前がヒットせず不明となっています。

しかし、2006年の時点で既に結婚しているようです。

この土地を買ったのが佐藤大介(佐藤正雄の息子)、
森將美(松崎の長女の娘婿)、
松崎篤(松崎の長男)だ。

※「ユニオン・EYE」より引用
(2006年12月19日掲載)

息子および娘さんについて情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

死因は?

松崎氏は2010年に74歳で死去されました。

死因について調べたところ、「特発性間質性肺炎」であることが判明したのです。

旧国鉄の動労(国鉄動力車労働組合)内で順法闘争を指導し、
国鉄分割民営化以降はJR東労組委員長として労使協調路線を推進した松崎明さんが9日、
特発性間質性肺炎のため死去した。

※「毎日新聞」より引用
(2010年12月10日配信)

この特発性とは、「発生源が分からない」という意味です。

そして「間質」とは、「肺胞」や「血管」を支える構造部分を指し、この部分に炎症が生じた場合を間質性と呼びます。

スポンサーリンク