【死因】瀬戸内寂聴が死去↓”死んだ”というリークあり

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、僧侶の瀬戸内 寂聴さんを取り上げます。

2021年11月11日、瀬戸内 寂聴さんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

瀬戸内 寂聴が死去

瀬戸内 寂聴さんの死去について「京都新聞」は次のように報じています。

「夏の終(おわ)り」「美は乱調にあり」など、
情熱的な愛と生を綴った小説や、
法話などの活動で知られる作家で僧侶の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう、本名晴美=はるみ)氏が死去した。

99歳。

(2021年11月11日配信)

上記の通り、瀬戸内 寂聴さんは99歳で死去されました。

しかし、死因については言及されておらず、この記事では詳細が分かっていません。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

ついこの間まで元気だったようが気がする。

瀬戸内さんに救われた人は沢山いると思うので残念です。

心よりお悔やみ申し上げます。

元気なイメージがあったので、驚きました。

ご冥福をお祈りいたします。

生前はいろいろあったが、
人を良い方向に導いていかれることで、
御自身も救われていたのかな。

お悔やみ申し上げます。

死因は?”死んだ”というリーク情報も

瀬戸内 寂聴さんの死因について調べたところ、以下のツイートが確認されました。

報道によると、死因は心不全とのこと。

今回の報道によって瀬戸内 寂聴さんの死去が明らかになったわけですが、実は、公式発表前からTwitter上では「死んだ」という声が続出していたのです。

その理由は、以下のツイートでした。

上記の通り、Twitter上では瀬戸内 寂聴さんが亡くなったという情報が11月9日の時点でリークされていたのです。

当初、Twitterユーザーは半信半疑でしたが、今回の訃報が出たことで真実であることが証明されたというわけです。

スポンサーリンク