【死因】総帥:岡田繁幸が死去↓病気の病名は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、実業家の岡田繁幸氏を取り上げます。

馬主としても知られ、競馬ファンの間では「マイネル軍団の総帥」と呼ばれています。

そんな彼の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

マイネル軍団の総帥:岡田繁幸が死去

岡田氏の死去について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

「マイネル軍団」の総帥・岡田繁幸氏が19日朝に亡くなったことが分かった。

この日が71歳の誕生日だった。

死因は不明。

近年は腸の具合が悪く原因不明の下痢の症状などに悩まされていた。

今年(2021年)の2月11日に北海道新冠町のビッグレッドファームで行われた種牡馬展示会には出席。

糖質制限などをして
一時期よりは体調が戻ってきていると話していたという。

(2021年3月19日配信)

上記の通り、岡田氏は71歳の誕生日に死去していたのです。

生前は原因不明の下痢に悩まされており、体調が優れなかったようです。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

コスモバルクで挑んだダービー。

NHK特集でのお姿が印象的でが忘れられません。

岡田さんの馬がダービーを勝つところを見たかった。

まだ71歳なのに…

デアリングタクトの活躍を今年も楽しみにしていたでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

総帥が…

ご冥福をお祈りします…

死因の病気(病名)は?

現在のところ、岡田氏の死因は公表されていません。

ただ、慢性的に下痢が続く病気としては「潰瘍性大腸炎」や「大腸癌」などが挙げられます。

これらの病気は死亡するリスクがあるため、死因となり得る病気です。

また、「クローン病」も慢性的に下痢が続く病気です。

しかし、「潰瘍性大腸炎」や「大腸癌」などの重篤な病気であれば、検査の段階で発見されているはずです。

そのため、「死因は不明」と報じられることはないでしょう。

また、後者のクローン病は死亡率が低く、これが死因となるケースは多くありません。

参照先

https://nomu-capsule.jp/crohn/

岡田氏の死因や下痢の病名については新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク