【死因:病気?】死去:ハンクアーロンの病名は脳卒中?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、元プロ野球選手のハンク・アーロンさんを取り上げます。

2021年1月23日、ハンクさんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

ハンク・アーロンが死去

ハンクさんの死去について「Full-Count」は次のように報じています。

メジャー歴代2位の通算755本塁打、
歴代最多2297打点など数々の記録を残し、
1982年に米野球殿堂入りを果たしたハンク・アーロン氏が死去したと
アトランタの地元メディアCBS46が報じた。

86歳だった。

(2021年1月23日配信)

上記の通り、ハンクさんは86歳で死去されました。

死去する直前までTwitterを更新していたため、彼の死は誰も予期できないものでした。

生前最後となったツイートがこちらです。

死の予感すらなかったハンクさんですが、その死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

偉大なるメジャー屈指の強打者が鬼籍に入ってしまった。

王さんもこの悲報に心を痛めていると思う。

これは悲しいニュース。

本当の意味でクリーンな打者だった。

大変な人格者だったし。

もっと長生きしてほしかったなあ。

王さんとのホームラン競争今でも忘れない。

ベーブルース、ハンクアーロン、などの選手は子供の頃メジャーを知らなくとも聞いた名前。

のちにすごく偉大な選手と知ることになりました。

ご冥福をお祈りします。

死因は病気?病名は脳卒中?

現在のところ、ハンクさんの死因はどのメディアも報じていません。

海外メディアすら死因に言及していないため、現在は死因を特定している最中だと思われます。

ただ、彼の近しい人間によると、死去する直前に”重度の脳卒中”を発症していたようです。

According to a person with knowledge,
Aaron died Friday morning after suffering a massive stroke.

※「https://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2021/01/22/hank-aaron-baseball-hall-of-famer-dies/437341002/」より引用

ただ、彼が脳卒中を発症していたという情報は非公式であるため、これが死因だと断定することはできません。

スポンサーリンク