【死因+遺書】廣瀬康雄が心中?中能登町の副町長が死亡

政治家

こんにちは。坊主です。

2021年2月15日、石川県 中能登町の前副町長の死亡が報じられ世間の注目を集めています。

死亡が確認されたのは廣瀬康雄さんです。

廣瀬 康雄さんの投稿 2021年1月17日日曜日

果たして、廣瀬さんの死因は何だったのでしょうか?

石川県 中能登町の前副町長が自宅で死亡↓死因は?

死亡が確認された廣瀬さんについて「北國新聞」は次のように報じています。

15日午前0時13分ごろ、
中能登町武部の廣瀬康雄さん(65)方で、
男女2人が意識がない状態でいるのを、親族が見つけ、119番通報した。

2人は七尾市内の病院に運ばれたが、
同1時20分に死亡が確認された。

(2021年2月15日配信)

上記の通り、廣瀬さんに加えて彼の母親も死亡していました。

警察は事件の可能性も視野に入れて捜査をしていますが、現在の時点では死因などは公表されていません。

世間の反応

この時期だと、他二人の候補が疑われるよね。

深夜に娘さんが通報とのことだから、
家庭内のことじゃないのかな

候補者が亡くなられたとは、穏やかじゃないですね。

捜査の進展を待つとしましょう。

母親と心中?遺書は?

母親と共に死亡が確認された廣瀬さんですが、一部では「心中」説が指摘されていました。

というのも、第三者が侵入した形跡や争った痕跡がないのです。

警察は、詳しい状況を調べていますが、
今のところ部屋の中で争った跡や外部から侵入した形跡はないということです。

※「日テレNEWS24」より引用
(2021年2月15日配信)

確かに、第三者の痕跡が確認できなければ、事件当時は廣瀬さんと母親しかいなかったと考えるのが妥当です。

もし心中であれば、遺書が残されていると思われます。

しかし、現在の時点では遺書の有無については報道されていないのです。

廣瀬さんのFacebookでも悩みやトラブルなどは投稿されておらず、動機なども分かっていません。

ただ、「心中」説はネット上の仮説であり、真実ではないことに注意が必要です。

スポンサーリンク