【水原希子】同性愛ドッキリの番組名+動画

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、女優の水原希子さんを取り上げます。

2020年4月24日に開催されたイベントに出席した水原さんが、過去に出演したドッキリ企画に言及し世間の注目を集めています。

彼女は自身が出演したドッキリ企画について「無神経すぎた」と発言。

一体、水原さんが出演したドッキリ企画とはどんな内容だったのでしょうか?

水原希子が同性愛ドッキリでレズビアンを演じる

水原さんが過去に出演したドッキリ企画について、「ハフポスト」は次のように報じています。

水原さんが出演した当該のテレビ番組は、2015年に放送された。

企画では、
水原さんが「ドッキリ」の仕掛け人の一人として出演。

別のタレントに対し、
水原さんが女性のマネージャーと恋人関係にあるような振る舞いを見せる。

最後に、
それがドッキリだと明かして驚かせる、という内容だった。

番組が放送されてから6年近くたつが、
水原さんがレズビアン役を演じたNetflixの映画がこのほど配信されたことで、
同性愛者を「笑いの対象」とするような当時の番組企画や水原さんの言動に対し、
ネット上で批判が上がっていた。

(2021年4月25日配信)

上記の通り、問題の番組は2015年に放送されたものでした。

ドッキリ企画では水原さんがレズビアン役を演じ、それを別のタレントに見せて反応を窺うという内容です。

一体、この番組名は何だったのでしょうか?

世間の反応

水原希子が無神経と言うより、テレビが無神経なんだろうね。

今でこそコンプラが厳しいけど
それでも視聴率が取れそうなら何でもあり。

コロナの過剰な煽り、
何かをやらかした芸能人叩きもそう。

一方では忖度して一切触れないケースもある。

おかしい。

過去の行為を現在の常識で評価するのは無意味ですね。

その時の社会の常識では許容範囲だったのだろう。

今している言動が将来どう評価されるかなんて気にしていたら何もできなくなってしまう。

今現在を正しく生きていればいいんじゃないでしょうか。

歴史でも芸能人の言動でもそうだけど、
現在の標準や価値観で過去のことを判断するのはおかしいのでは?

ご自分が反省するのは構わないけど、
周りが「おかしい」「不適切だ」と非難するのは違うのではと思う。

そのときにはそのときの価値観や空気感があるわけで、
それがあっての現在なので。

同性愛ドッキリの番組名や動画は?

水原さんが同性愛ドッキリを行った番組名を調べたところ、「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」であることが判明したのです。

声優の金田朋子(42)を相手に、
“実は女性マネジャーとデキている”というスキャンダラスな設定に挑戦した。

水原とマネジャーがイチャつく現場を見てしまった金田が、
どんなリアクションを見せるのかというドッキリ企画。

※「https://www.excite.co.jp/news/article/Menscyzo_201508_post_10319/」より引用

上記の通り、ドッキリのターゲットにされたのは声優の金田朋子さんでした。

問題のドッキリについて調べたところ、予告動画が確認されました。

予告動画であるためネタバレまでは含んでいませんが、このドッキリ内容は冒頭の報道とも一致しています。

また、放送された時期も一致していることから、水原さんが言及した同性愛ドッキリ企画はモニタリングで間違いないでしょう。

スポンサーリンク