【漫画村出張所】逮捕された山本倖士の画像やFacebookは?

時事

こんにちは。坊主です。

違法漫画サイトとして問題視されていた「漫画村」ですが、これに似た事件が摘発され世間の注目を集めています。

今回、摘発されたのは「漫画村出張所」です。

一体、今回はどんな手口だったのでしょうか?

今回は、新たに摘発された「漫画村出張所」について調べてみました。

漫画村出張所とは?フリマのサイバーパトロールで発見

「漫画村」では、犯人が運営するWEBサイトに漫画の画像をアップロードする手口でした。

しかし、今回摘発された「漫画村出張所」は全く異なる手口だったのです。

漫画村出張所について「AbemaTIMES」は次のように報じています。

今回、運営者逮捕のきっかけを作った中島博之弁護士によると、
去年(2018年)11月頃、
フリマサイトで漫画データを販売していた「漫画村出張所」を発見。

調査のために購入すべく
フリマサイトのコメント欄で希望の漫画についてやり取りすると、
LINEへ誘導され、
そこに送られてくるURLからデータをダウンロードするという手順だったという。

(2019年8月20日配信)

上記の通り、漫画村出張所はフリマサイトのサイバーパトロールがきっかけで摘発・逮捕に至ったのです。

犯人は、漫画の画像データを購入者に送るという手口で違法にお金を稼いでいました。

一体、犯人はどんな人物なのでしょうか?

逮捕された犯人は山本倖士

AbemaTIMESでは犯人の実名は記載されていませんでした。

そこで、犯人について調べたところ、「JIJI.COM」では実名が報じられていたのです。

宮城県警サイバー犯罪対策課などは20日、
著作権法違反の疑いで業務委託社員の山本倖士容疑者(27)=東京都日野市豊田=を逮捕した。

(2019年8月21日配信)

逮捕された山本倖士 容疑者は、警察の取り調べに対して次のように供述しています。

山本容疑者の供述

販売したことは事実だが、違法とは思わなかった。

容疑については概ね認めていますが、行為の違法性については「認識していない」と否定しています。

Facebookや画像は?

現在のところ、山本容疑者の顔写真は公表されていません。

ちなみに、Facebookには同姓同名の人物が複数存在しているものの、逮捕された山本容疑者と思われるアカウントは確認されていません。

山本容疑者の素顔については顔写真が公表され次第、追記します。

漫画村の運営者(星野ロミ)とは共犯?

「漫画村」と「漫画村出張所」の手口の違いがこちらです。

(1)漫画村:自身のWEBサイトに漫画の画像を掲載

(2)漫画村出張所:フリマサイトで漫画の画像データを販売

手口こそ違うものの、両者ともに共通して「漫画村」を名乗っています。

もし、この2つが”姉妹サイト”であれば、2人の運営者は共犯の可能性が高いと思われます。

ちなみに、漫画村の運営者はフィリピンで身柄を拘束され、日本に強制送還される見通しです。

容疑者:星野ロミ(路実)

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!