【炎上】タイでナンパ:日本人の中年男性2人は誰?名前は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年6月5日、YouTubeにアップされた”ある動画”がきっかけで日本人男性2人が炎上しています。

一体、この日本人男性2人は何をしたのでしょうか?

日本人の中年男性2人がタイでナンパ動画を撮影し炎上

タイで炎上している動画について「週刊女性PRIME」は次のように報じています。

「私たちをバカにしているのか。

見た瞬間本当にイライラした、許せない。

とても悲しい。

こんなことをする日本人は、
タイから出て行ってほしい」
(タイ人女性)

微笑みの国と言われるタイで、
日本人の中年男性2人が、
タイ人女性に対し

“わ××つな行為をできるか競い合う”

という動画を前後編に分け3月13日と5月7日に配信し、
タイ国内で批判を浴びている。

「動画はタイのチェンマイで撮影されたもので、
日本人の中年男性2人が、道行く女性をナンパし、
わ××つな行為がどこまでできるのか競い合うというもの。」

「その行為に対し得点を設定し、
最終的に点数の多いほうが勝利という、極めて下品な企画です。

その動画を批判するツイートには、
1万7000のリツイートがなされており、
タイ国内では問題視されています
(タイ在住の日本人ジャーナリスト)

(2020年6月5日配信)

上記の通り、中年男性2人はタイ人女性を見下すかのような企画をYouTubeにアップしていたのです。

もちろん、当事者の2人に差別意識はなかったかもしれません。

しかし、このような企画を公然と公開すれば、世間から批判されることは予想できたはです。

このナンパ動画に関してはタイだけではなく日本国内からも怒りの声が殺到しています。

一体、このナンパ企画を実行した中年男性2人とは誰なのでしょうか?

世間の反応

日本の恥だな!

こういう輩も厳罰に処せる法改正してほしい。

こんな恥知らずは、即刻逮捕してくれ。

何なら終身刑でも誰も反対しないと思うぞ。

広告収入が付随する動画の配信って。

世界中にこういうバカをたくさん産んだと思う。

こういう類の人物は、
注目される=凄いという錯覚を持ち合わせ、
バカの上塗りをしてるコトにさえ気付けない残念な人になってるんだよね。

動画を見て喜んでる視聴者もまた、バカの産物なんだけど。

炎上中の中年男性2人は誰?名前は?

冒頭の記事ではナンパ企画を実行した人物の名前実名)は記されていませんでした。

そこで、この企画をYouTubeで調べたところ、以下の動画がヒットしたのです。

上記の通り、ナンパ企画を実行した1人は「田附裕樹」(たづけ ひろき)氏でした。

田附氏は「世界のタズヤン」というチャンネル名で動画を配信しており、現在の登録者は5360人となっています。
(2020年6月5日配信現在)

本人の弁によると、彼はナンパ企画の”出演者”に過ぎず、”もう1人”から出演を打診されたと言います。

もう1人の中年男性はメック加藤と特定

田附氏と共にナンパ企画を実行した”もう1人”の人物について調べたところ、以下のツイートが確認されました。

上記の通り、炎上している”もう1人”の中年男性は「メック加藤」という人物でした。

メック加藤氏も今回の動画企画について謝罪しており、次のようにツイートしています。

https://twitter.com/MekPiisua/status/1267971890095591424

当事者2人は公の場で謝罪しているものの、女性蔑視とも言える企画であったため、批判の声が鎮まる気配はありません。

スポンサーリンク