【無免許で事故】木下ふみこ都議の免停理由は何した?

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、「都民ファースト会」所属の木下ふみこ都議を取り上げます。

https://twitter.com/kinoshitafumiko/status/1411159274659586050

2021年7月4日の都議会選挙にて初当選を果たした木下都議ですが、ここに来て交通事故を起こしていたことが明らかになりました。

さらに、この事故によって彼女が無免許(免停中)であることも発覚したのです。

一体、なぜ無免許にも拘わらず車を運転したのでしょうか?

また、免停になった理由は何だったのでしょうか?

木下ふみこ都議が無免許(免停中)に交通事故

無免許運転が発覚した木下都議について、「FNNプライムオンライン」は次のように報じています。

東京都議会議員選挙に都民ファーストの会から出馬し、
4日に当選した木下ふみこ議員が、
7月2日に交通事故を起こしていたことがわかった。

警視庁は、
免許停止期間中で無免許だったとみて調べている。

木下ふみこ議員は、
7月2日午前7時半ごろ、
板橋区高島平の交差点で、
車をバックさせた際に停車していた車に衝突し、
この車に乗っていた人は軽いけがをしたという。

警視庁は、
木下議員が免許停止期間中で無免許運転だったとみて調べている。

木下議員は、

「免停中だったが期間を間違えて乗ってしまった」

と話している。

(2021年7月5日配信)

上記の通り、無免許運転をしてしまった理由は「免停の期間を間違えた」というものでした。

しかし、一般的な感覚から言えば、免停の期間を間違えことなどあり得ません。

ましてや、彼女は”都民の代表”に立候補していた人物です。

自身の立場を考慮すれば、そうした問題には人一倍配慮すべき事案です。

この苦しい釈明に対して、ネット上では厳しい声が噴出しています。

世間の反応

免許資格の有無なんて、秒で確認出来るだろ。

それをすぐせずに答えられないのは怠慢。

と言うか7月2日の事故が今頃公になるのもおかしい。

無免許運転が確認され公表されれば、
選挙の趨勢に大きな影響を与えた可能性が高い。

今更大きな結果は変わらずに当該議員の議員辞職などでお茶を濁されると思うが、
都民からの信頼を、大きく裏切る事になったのは間違いない。

議員辞職不可避。

それにしても
こういう報道を何故今日するかね?

土曜日にやっていたら、
だいぶ選挙結果も違かっただろうに。

これは絶対に許されない。

当選辞退し追放処分にするべき。

こんな法律を守れない奴が議員になろうとかふざけるな。

2度と立候補を許してはいけない。

免停の理由は何した?

無免許運転が発覚した木下都議ですが、そもそもの問題として免停に至った理由は何だったのでしょうか?

そこで、免停の理由を調べてみたものの、彼女は詳しい事情を説明していないことが分かったのです。

一般的に、違反点数が6点以上14点以下になった場合に免停という処分が下されます。

違反点数は過去3年間の累積で判断されますが、重度の違反(6点以上)を犯せば”一発免停”という事態も十分にあり得ます。

一発免停になる主な違反は以下の通りです。

一発免停の事例

〈1〉スピード超過
[一般道]30km以上
[高速道路]40km以上

〈2〉ながら運転
[例]スマホを操作しながらの運転

〈3〉飲酒運転
[例]アルコール濃度が0.15mg以上0.25mg未満
⇒違反点数は13点で「前歴あり」なら免許取消

〈4〉無車検運行

〈5〉無保険運行

上記の通り、一発免停の処分は”悪質は違反”を犯した場合に適用されます。

もちろん、木下都議が上記の違反をしたという事実はありません。

しかし、一発免停ではないにせよ、免停になったという事実を踏まえれば、”相応”の交通違反を犯したことは事実です。

もし”軽微な違反”を繰り返して免停になっていたのであれば、木下都議は”複数回”に亘って交通違反を繰り返していたことになります。

いずれの場合においても、都議としての資質が問われることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク