【犯人は誰】男性の名前は?辻出紀子さん失踪事件の真相

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、辻出紀子さんを取り上げます。

雑誌記者として活動していた彼女ですが、1998年に突然の失踪を遂げます。

それ以降、2020年現在に至るまで行方は掴めておらず、安否が気遣われているのです。

しかし、この失踪事件には容疑者男性)が存在していました。

ただ、この容疑者の犯行であることを立証することはできず、無罪放免となってしまったのです。

一体、この男性とは誰なのでしょうか?

辻出紀子さん失踪事件:直前に男性A氏と会っていた

辻出さんが失踪する直前に会っていた男性について「週刊女性PRIME」は次のように報じています。

このA氏こそが、
雑誌記者の辻出紀子さん(当時24)が22年前(1998年)、
三重県伊勢市で行方不明になる直前に会っていた男だった。

捜査の過程で、
辻出さんと関わりがある人物の1人として、
A氏の存在が浮上した。

捜査員が電話をかけたところ、
A氏は事件発生7か月前に取材で辻出さんと知り合ったと打ち明けた。

「(辻出さんのことは)よく知っているが、
最近は電話もしていないし会ってもいない」

しかし、
県警が、A氏や辻出さんの携帯電話の発信記録を調べたところ、
辻出さんが不明になる前の11月24日午後、
A氏と辻出さんは数回、
電話でやりとりをしていた。

不明になる直前まで連絡をとり合っていたのだ。

三重県警は、
A氏を任意同行して取り調べを行った。

するとA氏は、
辻出さんを電話で呼び出し
駐車場で会ったことを認めた。

(2020年5月27日配信)

上記の通り、男性A氏は失踪直前の辻出さんと会っていたことを認めていました。

しかし、男性の供述は二転三転しており、失踪事件への関与が認められなかったのです。

後に彼は別件で逮捕・起訴されますが、最終的には無罪を勝ち取りました。

無罪になったどころか、警察が違法な取り調べをしていることが裁判で明らかになり、男性は弁護士を通じて約3,000万円の刑事補償を請求したのです。

男性が辻出さんの失踪に関与した決定的な証拠は存在しないため、事件の真相は彼にしか分かりません。

ただ、この男性の言動には不可解な点が多く、また彼の担当弁護士も事件について言及されると激しく動揺しています。

そのため、この男性が何らかの形で辻出さんの失踪に関与している可能性は高いと思われます。

世間の反応

弁護士の仕事って
犯罪者を無罪にして、
被害者の傷に塩塗って、何なんだろう

女性記者の親御さんのことを思うと辛い。。

どうか真実が明らかになってほしい

弁護士も含めて真っ黒。

こんな人がのうのうと生きているのはどうなのか?

状況からは、かなり限られた範囲の中で起きた事。

流しの犯行とは思えない。

しかも、
これだけ取り調べの中で嘘を付く人はかなり怪しい。

犯人は誰?男性A氏の名前や画像は?

辻出さんの失踪とは無関係な事件で逮捕・起訴された男性A氏ですが、この人物の素性(名前・年齢・顔写真)は一切公表されていません。

そのため、この男性の正体は当時から現在に至るまで不明なのです。

起訴された事件については既に無罪が”確定”しているため、今になって実名が報じられることはありません。

ただ、年齢については30代(当時)であることが確認されました。

つまり、2020年現在では50代~60代だと推定されます。

ちなみに、辻出さんは鷲尾市役所の紹介で男性A氏と出会っていました。

当時、彼女は「東紀州体験プロジェクト」というイベントを取材しており、東紀州を詳しく知る人物を探していたのです。

その時に鷲尾市役所が仲介したのが男性A氏だったというわけです。

そこで尾鷲市役所が辻出に紹介したのが、
隣接する海山町熱帯魚販売店を営み、
地元の青年会議所で副理事長も務めていたXであった。

※Wikipediaより引用

上記の通り、男性A氏は「海山町」に住んでおり、熱帯魚の販売を仕事にしていました。

この男性については引き続き調査を続けて参ります。

追記

男性のイニシャルはUで年齢は33歳(当時)と判明。

県警が怪しいと睨んだ人物が捜査線上に1人、浮かび上がった。

それは、
辻出さんが取材を通じて知り合った男性・U33)である。

※「http://tskeightkun.blog.fc2.com/blog-entry-5294.html」より引用

この事実から、現在の年齢は55歳前後だと思われます。

また、このUは親と同居しており、両親は新聞配達店を経営していたようです。

失踪事件の真相は?

失踪事件の真相として、ネット上では「北朝鮮への拉致」説などが流布されていますが、それを裏付ける情報はありません。

ただ、冒頭の記事により、男性A氏の弁護士も事件について言及された瞬間、激しく動揺していたことが分かりました。

そのため、この弁護士も失踪事件の真相を知っているものと思われます。

この事実から、一部からは「裏取引で無罪になったのでは?」という声が少なからず上がっています。

あれだな、
最近あったフランスの筑波大生と同じだな。

犯人は確定してるけど
捜査でクロにできないってやつやね。

たぶん司法取引で無罪になったんだろうね。

法的には司法取引ではないだろうが
当然司法としての何らかの忖度が有ったことは間違いないだろう・・・

触らぬにたたりなしということわざ通りでね

男性A氏は「無罪が確定したら真相を話す」と証言していました。

しかし、彼は無罪が確定した後も失踪事件については沈黙しており、真相を明らかにしていません。

恐らく、この人物は失踪事件の真相を墓まで持っていくつもりなのでしょう。

スポンサーリンク