【田代まさし】倉垣弘志の顔画像+Facebook↓

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、倉垣弘志氏を取り上げます。

度重なる薬物事件で逮捕された「田代まさし」さんですが、彼に薬を売った売人の1人が倉垣氏だったのです。

一体、倉垣氏とは何者なのでしょうか?

倉垣弘志が田代まさしに接触し薬を売っていた

田代さんに薬を売った倉垣氏について、「デイリー新潮」は次のように報じています。

2010年9月、
レントの田代まさしはコカインと覚醒剤(シャブ)の所持で逮捕(違法薬物では3回目)された。

そのきっかけを作ったのが当時薬物の売人だった倉垣弘志氏(50)である。

同氏はその年の10月10日に逮捕され、
懲役3年の実刑判決を受けた。

この5月、
『薬物売人』(幻冬舎新書)を出版、
自身が逮捕されるまでの経緯などを赤裸々に描いた。

倉垣氏は大阪出身。

中学時代から不良となり、何度も警察に補導された。

高校時代はバイクでの集団暴走を繰り返し、卒業後、飲食店に勤務。

ダンスに興味を持ち、没頭していく。

この頃からマリファナ、覚醒剤、LSDを使用する。

そして、32歳の時に上京、
六本木でバーを経営しながら、
違法薬物を売り捌いていたという。

田代に初めて接触したのは2010年3月中旬。

幕張で行われたイベントの握手会である。

全く面識はなかったが、
ブツがあることを知らせれば買ってくれると思ったようだ。

《あの時、俺と田代さんは握手をして一瞬だけ二人の人生が交差した。

握手する俺の手の中にはマリファナが握られていて、
それを田代さんに手渡した。》

何とも大胆なやり口である。

同時に電話番号も渡したという。

(2021年6月1日配信)

上記の通り、倉垣氏は一切の面識がないにも拘わらず、初対面でいきなり薬を握らせていたのです。

恐らく、当時の時点で既に田代さんが重度の薬物依存に陥っていることを看破していたのでしょう。

そのため、「薬を渡せば後から連絡をよこす」という確信があったと思われます。

今回出版された著書では田代さんとの経緯が詳細に記されています。

しかし、いくら薬に手を伸ばしたのが田代さん本人と言えど、倉垣氏がそれを助長したことは事実です。

このことから、ネット上では倉垣氏の行動に批判的な声が上がっています。

世間の反応

田代まさしの人生を破壊しておいて
どの面下げて回顧録なんて出版できるんだよ。

いかにもシャブ抜き中の寺院で悔い改めたかのように書いてるけど、
自ら出頭したわけでもなく街中で普通に確保されとるやないかい。

これ田代まさし本人に了解とってるのかね?

もし何の了解もなく出版に至ったので
あれば著者と出版した幻冬舎の良識を疑います。

田代まさしの人生をめちゃくちゃにした原因は、こいつにもある。

何でのうのうと本を出して、金儲けを画策しているんだよ?って思うのは俺だけか??

顔画像+Facebookを特定

倉垣氏のSNSを調べたところ、彼の友人が今回の著書を宣伝していることが分かりました。

その投稿には「倉垣弘志」がタグ付けされているため、当該人物が冒頭の倉垣氏であることは間違いありません。

倉垣氏本人の顔写真がこちらです。

ただ、彼のFacebookには詳しい経歴が記されておらず、家族(妻・子供)に関する情報も掲載されていませんでした。

スポンサーリンク