【病気で死去】マラドーナの死因は心臓発作で心不全

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、伝説のサッカー選手として有名なディエゴ・マラドーナさんを取り上げます。

「神の子」と評されるマラドーナさんですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

ディエゴ・マラドーナが死去

マラドーナさんの死去について「KYODO」は次のように報じています。

アルゼンチンのメディアによると、
サッカー元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が25日、
ブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。

60歳だった。

(2020年11月26日配信)

上記の通り、マラドーナさんは自宅で死去されたようです。

ただ、具体的な死因については一切言及されていません。

一体、彼の死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

一人で画面見ながら叫んでしまった!!!!

サッカーの王様ペレ、
サッカーの神の子マラドーナと言われていましたね。

色々問題はありましたが、
サッカー界の神であり
偉大なスーパースターなのは間違いありません。

お悔やみ申し上げます。

2020年はとんでもないお悔やみニュースが続くなぁ…。

どれだけ一時代を作った人でも、
亡くなると一気に忘れ去られている気がして寂しい。

マラドーナと言えば、
サッカー界のスーパースターでした。

日本でも知らない人はいないでしょう。

60歳というとまだ若いです。

突然のことで驚きました。

ご冥福をお祈りします。。

死因は心臓発作(心不全)

マラドーナさんの死因について調べたところ、「心臓発作」(心不全)という情報が確認されました。

参照先

https://www.news24.jp/articles/2020/11/26/10769410.html

上記報道によると、マラドーナさんは11月初めに硬膜下血腫の手術を受けており、自宅で療養していたようです。

ただ、その中で心臓発作を起こし心不全に陥ったと思われます。

過去にも心臓の病気を患っていた

心臓発作(心不全)で死去されたマラドーナさんですが、実は、過去にも心臓発作を起こしていたのです。

彼が最初に心臓発作を起こしたのは2000年の時。

この時はコカインを服用したことで心臓発作が起き、病院に緊急搬送されました。

その際、マラドーナさんに心臓病が見つかり、緊急手術を受けています。

緊急手術により一命を取り留めたものの、2004年に再び心臓発作が発症。

2000年に初めて心臓発作を発症した際はコカインを服用していたため、今回も薬物の過剰摂取が疑われました。

しかし、マラドーナさん本人および担当医は薬物の噂を明確に否定しています。

薬物と心臓発作の因果関係は分かりませんが、彼が心臓病に抱えていたことは事実です。

また、マラドーナさんは肥満体型だったことから、普段から心臓に負担がかかっていたと思われます。

スポンサーリンク