【神谷明采】東大広研がセクハラ?性的な質問とは何?内容は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、東大生の神谷明采(あさ)さんを取り上げます。

ミス東大(2020年)にエントリーしている神谷さんですが、ここに来てミスコンの運営団体による不正を告発し世間の注目を集めています。

一体、運営団体の不正とは何をしたのでしょうか?

ミス東大:神谷明采が東大広告研究会によるセクハラと不正を告発

ミスコンの運営母体である「東大広告研究会」(東大広研)による不正について、神谷さんは次のように告発しています。

神谷さんの告発によれば、東大広研は候補者の女性たちに対して「生々しい性的な質問」を行っていたのです。

これが事実であれば、東大広研の行為はセクハラに該当します。

さらに、東大広研は仕事の受注に関しても不誠実な対応を繰り返しているとのこと。

そのため、神谷さんへのオファーが白紙になりそうなこともあったようです。

世間の反応

セクハラや不誠実な対応など絶対にあってはならないことで断固許されないことです。

法的な措置も含め
そういう輩は許してはいけません。

候補者の方達を守りましょう!

安易なディスは良くないが
あの拡散された白目剥きたくなる関係者発言を目に入れてしまい、
神谷明采さんを完全に応援する旨をツイートせざるを得ない

東大ミスコン人気トップクラスの神谷明采さんがもし辞退されたら、
東大ミスコン運営に大きな傷を負う事は必至と思いますが、
もう少し候補者さんに配慮した運営をされた方が良いかと。

生々しい性的な質問とは何?内容は?

神谷さんが告発した東大広研によるセクハラですが、「生々しい性的な質問」とはどんな内容だったのでしょうか?

そこで、彼女は受けたセクハラ被害について調べてみたものの、性的な質問の内容は明らかにされていないことが分かったのです。

以下のインスタライブでは、運営による「資金調達の不正」や「仕事に対する不誠実な対応」について言及されており、セクハラについては語られていません。

神谷さん本人からすれば、東大広研からされた性的な質問など思い出したくもないでしょう。

ただ、中立的に考えて、彼女だけの発言を一方的に信用して東大広研を批判することはできません。

神谷さんの発言が真実であることを裏付けるためには、性的な質問の内容を明らかにする必要があると思われます。

しかし、神谷さんは「顔出し」及び「実名」で運営を告発していることから、彼女の言動には一定の信憑性があるでしょう。

ミス東大No.3の根本朱里は疑惑を否定

神谷さんと同じくミス東大にエントリーしている根本朱里さんが、今回の騒動について次のようにツイートしました。

上記の通り、根本さんは「うちは楽しかった」と語っており、神谷さんの告発内容を否定しています。

しかし、運営から「質問は答えたくなければ答えなくていい」と言われたとしても、「性的な質問をしてもいい」というわけではありません。

根本さんのツイートを見る限り、「性的な質問はあったが、自分はセクハラだとは思わなかった」という意味にも解釈できます。

ただ、セクハラだと感じるか否かは受け手の感じ方によるものです。

セクハラに限らず、社会生活を営む上で「受忍限度」というものがあります。

しかし、神谷さんは自身のSNSで運営のセクハラを告発しています。

この事実から、東大広研によるセクハラは受忍限度を超えるものと推測されます。

もし神谷さんの告発を否定するのであれば、根本さんは運営から受けた「性的な質問」を詳細に列挙すべきです。

スポンサーリンク