【経歴】山本隆文院長の画像↓大阪府結核予防会大阪病院でモルヒネのミス

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、「大阪府 結核予防会 大阪病院」を取り上げます。

リウマチセンターなどを併設しており、単なる診療科の枠を超えた総合病院として知られる同病院ですが、院長はどんな人物なのでしょうか?

大阪府結核予防会大阪病院の院長は誰?

大阪病院の院長について調べたところ、HPより以下の記載が確認されました。

■整形外科 担当医紹介

山本 隆文(院長)

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

日本リウマチ学会専門医

上記の通り、大阪病院の院長を務めているのは山本隆文医師でした。

整形外科を専門とする山本医師とは、どんな人物なのでしょうか?

院長:山本隆文の画像+経歴

山本院長の画像および経歴がこちらです。

1984年3月 
鳥取大学医学部 卒業

1984年5月 
国立大阪南病院勤務

1986年7月 
吹田市民病院勤務

1988年1月 
大阪大学医学部勤務

1988年6月 
西宮市立中央病院勤務

1993年2月 
ガラシア病院勤務

1995年5月 
大阪厚生年金病院勤務

1997年1月 
住友病院勤務

2001年7月 
大阪府済生会泉尾病院勤務

2004年1月 
一般財団法人大阪府結核予防会大阪病院整形外科部長

2014年8月 
一般財団法人大阪府結核予防会大阪病院副院長

2019年1月 
現職

※「大阪病院」より引用

上記の通り、山本医師が同病院の院長に就任したのは2019年1月のことでした。

ちなみに、学歴については「鳥取大学」を卒業されていることが分かっていますが、出身高校に関する情報は公表されていませんでした。

モルヒネの不祥事あり

総合病院として知られる大阪病院ですが、過去には”ある不祥事”を起こしていました。

それが”モルヒネ”の過剰投与です。

この問題が発覚したのは2019年12月11日のこと。

報道によると、同年10月、がん患者の女性(70)に対して”適正量の10倍”のモルヒネを投与していたとのこと。

この問題に関して大阪病院がミスを認め、謝罪しました。

同病院の説明によると、過剰投与の原因は看護師による点滴の”設定ミス”のようです。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!