【経歴】杉並区議:奥山妙子(たえこ)の高校↓実家の八百屋はどこ?

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、杉並区議員を務める奥山妙子(たえこ)さんを取り上げます。

2003年に杉並区議に初当選し、現在は3期目を務める彼女が「ザ・ノンフィクション」に出演されます。

(2019年8月4日放送)

彼女は区議会議員を務めながら、シェアハウスを経営しているのです。

一体、奥山妙子さんとはどんな人物なのでしょうか?

今回は、ザ・ノンフィクションに出演する奥山妙子さんについて調べてみました。

杉並区議:奥山妙子の経歴

公式サイトでは奥山さんの経歴が掲載されていました。

▼1957年 別府市 生まれ。
実家は八百屋で看板娘。

▼高校で生徒会長、大学でボート部。
’81年 都立大学 法学部 卒業。

▼金融会社、パン屋、派遣のOL、
教育・演劇系出版社等を経て、
2003年 杉並区議に初当選 連続3期。

2015年4月落選。

緑の党会員・議員としては無所属。

上記の通り、奥山さんは「東京都立大学」(法学部)を卒業されていました。

補足

同大学は2011年に廃止(閉学)され、現在の「首都大学東京」が開学。

2003年に初当選を果たした彼女ですが、それ以前は様々な職を転々としていたようです。

ただ、このプロフィールでは出身高校の記載はありません。

一体、奥山さんはどこの高校を卒業されたのでしょうか?

高校はどこ?

出身高校を調べたところ、「別府青山高校」であることが分かりました。

※「高校偏差値ナビ」より引用

しかし、同校は2017年3月をもって閉校しています。

つまり、彼女の母校(高校・大学)は既に存在していないことになります。

実家の八百屋はどこ?

奥山さんの実家は八百屋であり、彼女は幼少の頃から看板娘として店舗に立っていたようです。

一体、実家の八百屋はどこにあるのでしょうか?

そこで、この八百屋について調べてみましたが、現在のところ、具体的な場所や店名は明かされていませんでした。

ただ、彼女は大分県 別府市の出身であるため、実家の八百屋も市内にあると思われます。

主義・政策は?

奥山さんは主に弱者救済を柱とする主義・主張を展開してきました。

例えば、次のような取り組みが挙げられます。

主な政策

・待機児童の解消

・賃貸契約の条件緩和
⇒年齢や国籍などを理由にして”貸し渋り”の解消

・DV問題の解決策
⇒被害者女性の避難先を確保

・グループホームの増設

・介護保険では補えない部分のカバー
⇒食事や移送サービスの拡充

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!