【経歴+学歴】京大:五石順一のロゼッタが英語禁止令

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、実業家の五石順一氏を取り上げます。

AI翻訳会社「ロゼッタグループ」のCEOを務めている彼ですが、同社が”英語禁止令”を発令したことで世間の注目を集めています。

一体、英語禁止令とはどんな内容なのでしょうか?

また、五石氏とはどんな人物なのでしょうか?

AI翻訳:ロゼッタグループが英語禁止令を発令

ロゼッタグループの英語禁止令について「Impress Watch」は次のように報じています。

株式会社Matrixは3月1日、
VR空間上において「言語フリー・スペース」の実験に成功したとし、
Matrixが属するロゼッタグループ全体で同日より、
全社全社員に対して
英語を話すことを全面禁止する”英語禁止令”(外国語禁止令)を発令した。

社内のみならず、
社外の接客や商談であっても、
外国人と話をするさいに、
日本人社員が英語や中国語を話すことを禁止。

同様に外国人社員が日本語を話すことも禁止する。

(2021年3月2日配信)

上記の通り、ロゼッタグループでは商談中であっても”母国語”以外の言語を使用することが禁止されたのです。

しかし、母国語以外の言語でもネイティブレベルの話せる社員は、事前の承認を得ることで例外的に外国語を話すことが許可されるようです。

英語禁止令という極端な方針を打ち出したロゼッタグループですが、ネット上では賛否が巻き起こっています。

世間の反応

英語禁止令の文書に英語が使われているところが面白いですね。

ロゼッタが社内英語禁止令ってw

時代に逆行してるけど、
言語フリー部屋で通訳してくれるって凄いな〜

これで精度が上がっていくと、普及していきそう

ブレイクスルーブレイクスルーが出てない、やり直し。

京大卒:五石順一の画像↓経歴+学歴は?

ロゼッタグループのCEOを務める五石氏は自身のFacebookにおいて、英語禁止令に対する批判について次のように述べています。

しかし、ツイッターとかで騒いでる世間のなかには、勤務中の英語禁止令が人権侵害だというのは混じっててビックリだわ。なんの立ち位置だろうか?リベラル?

日本人は日本語を、中国人は中国語をしゃべろうと言ってるんだぞ。ごく普通だろうが。ていうか、フェアでしょうに。

日本人に英語を強制したり、中国人に日本語を強要したりこそが、人権侵害だろうよ。
ほんま、驚くわ。

五石 順一さんの投稿 2021年3月3日水曜日

本人のFacebookによると、五石氏は京都大学(法学部)を卒業しているようです。

京大卒業後には「株式会社ノヴァ」に入社し、最終的には同社の経営企画室長にまで昇進しています。

五石氏の経歴がこちらです。

1964年 誕生

1989年4月
株式会社ノヴァ入社

1991年4月
同社 経営企画課長

1993年4月
同社 経営企画室長

2000年1月
株式会社グローヴァ 代表取締役(現任)

2001年3月
株式会社海外放送センター 代表取締役(現任)

2004年2月
有限会社Pearly Gates(現当社)
代表取締役(現任)

※「https://donburi.accountant/history/?ds=75299&do=0&name=五石順一」より引用

在日韓国人だった?

五石氏の経歴を調べる過程において、以下の情報が確認されました。

許>猿橋も在日だから仲間なわけだけど。

よくがんばるし、応援してたこともある。

使いでよく五石順一って若いのが着てた。

あの子も在日だけど、京大出身らしいね。

※「https://6203.teacup.com/sorima/bbs/105」より引用

上記の通り、この会話では「五石順一=在日韓国人」と記載されていたのです。

会話中には「京大」というワードも出てきているため、この五石順一は本記事の五石氏を指していると思われます。

スポンサーリンク