【美容師が逮捕】青鹿宏昭のインスタ+ツイッター+Facebook!銀座の勤務先が閉店

時事

こんにちは。坊主です。

2019年10月16日、人気サロンの美容師が逮捕されました。

逮捕されたのは青鹿宏昭容疑者です。

一体、青鹿宏昭とはどんな人物なのでしょうか?

美容師:青鹿宏昭が逮捕

逮捕された青鹿容疑者について「NHK NEWS WEB」は次のように報じています。

東京 銀座のヘアサロンの美容師、青鹿宏昭容疑者(33)は、
ことし(2019年)8月店内で睡眠薬を混ぜた紅茶を20代の女性客に飲ませた疑いがもたれています。

青鹿容疑者は

「カットモデルをしないか」

と女性を勧誘し、
店に呼び出したということです。

(2019年11月5日配信)

上記の通り、青鹿容疑者は睡眠薬を混入させた紅茶を女性客に飲ませていたのです。

報道によると、青鹿容疑者はTwitterなどを使って女性を勧誘していたようです。

ただ、女性が勧誘を断り続けると、逆ギレするという暴挙に出ていたことも分かっています。

4年前(2015年頃)に勧誘されたという20代の女性は

「『銀座の美容師です。撮影お願いします』といきなり連絡が来ました。

店の名前も教えてくれずおかしいなと思っていると、

『明日撮影お願いします』

とメッセージが届き、
あまりに急なので断りを入れたところ、
別の日を提示してきました。

その日も都合が悪く断ったのですが、
何度も同じ日を提示してきて、
あげくのはてに逆ギレされました」

と話しました。

睡眠薬は対策品だった

青鹿容疑者の使用した睡眠薬は、水に溶けると「青色」に代わる仕様でした。

睡眠薬は効き目が強いため、
水に溶かすと青い色に変わる対策が施されたものだったことが警視庁への取材で分かりました。

※「NHK NEWS WEB」より引用

これは睡眠薬が不正に使用されることを防ぐための対策でしたが、これでも対策は不十分だと指摘されています。

現に、被害者の女性は紅茶の色が変わっていることに気づきつつも、それを口にしてしまっているのです。

今後、同様の被害が起きないためにも、有効な対策が急務と言えます。

世間の反応

日本で1500人だけ…変わった苗字ですね

睡眠薬を常用してる人に取っては、迷惑以外の何物でもない。

ホンマこういうの迷惑

美容師全てがそんな人ばっかりじゃ無い。

自分の技術を高めるためのモデルハントであって、
私欲のために何てことをしてくれてるねん。

最低。

インスタ+ツイッター+Facebookは?

青鹿容疑者のSNSを調べたところ、Twitterアカウントが確認されました。

上記の通り、青鹿容疑者はTwitter上で自分のLINE IDを公開しており、これを足掛かりにして女性を物色していたようです。

ちなみに、このツイートではインスタのアカウントも記載されていますが、既に削除されているため、現在は閲覧することができませんでした。

また、Facebookに関しては同姓同名のアカウントが発見されています。

しかし、そのアカウントには顔写真やプロフィールが記載されていないため、本人と断定することができない状態です。

勤務先の美容院が閉店

青鹿容疑者が逮捕されたことで、勤務先の美容院は以下の声明文を掲載しました。

令和元年10月16日、
元従業員の青鹿宏昭が、刑事事件を起こし、逮捕されました。

誠に勝手ではございますが、
××銀座店は、
今回の事件で多くの方々に多大なご迷惑をおかけしましたことから、
閉店することといたしました。

上記の通り、勤務先の美容院(銀座店)は青鹿容疑者の逮捕がきっかけで閉店に追い込まれていたのです。

当然のことながら、青鹿容疑者は既に美容院を解雇されており、勤務先とは一切関係がありません。

そのため、本記事では彼が勤務していた美容院の名前は伏せさせて頂きます。・

ご容赦ください。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!