【薬物で逮捕?】KAZMAX(吉澤和真)の父親は誰?カズマックスの経歴+資産

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、投資家・吉澤和真氏を取り上げます。

ネット上では「KAZMAX」(カズマックス)の名前で活動している彼ですが、ここに来て「逮捕された」という情報が駆け巡る事態となっています。

果たして、彼の逮捕は本当なのでしょうか?

また、逮捕の理由(容疑)は何だったのでしょうか?

KAZMAXが薬物で逮捕?私服警官に連行される?

ネット上では吉澤氏の逮捕が取り沙汰されていますが、その発端は以下のツイートでした。

上記の通り、逮捕容疑は「薬物」でした。

また、「マサ吉」と名乗るユーザーは、吉澤氏が私服警官に取り囲まれている画像をアップしていました。

ただ、この写真だけでは人物の素顔が判別できないため、吉澤氏本人と”断定”することはできません。

しかし、「マサ吉」は続けて次のようにもツイートしていたのです。

上記の通り、「薬物=コカイン」とされています。

一連のツイートをきっかけに、「吉澤和真が逮捕された」という情報が駆け巡る事態となっていますが、現在のところ、マスコミによる報道は確認されていません。

近年は芸能界でも薬絡みの逮捕が相次いでいるため、吉澤氏の逮捕が事実であれば、トップニュースで報じられるでしょう。

現在の時点では吉澤氏の逮捕は確定していないため、断定的な表現は同氏の名誉を毀損する恐れがあるため、控えるべきです。

MDMAの所持・使用容疑で逮捕

追記

2019年11月11日、
吉澤容疑者の逮捕が報じられました。

「FNN」によると、吉澤容疑者は合成麻薬である「MDMA」を所持・使用したとして逮捕されました。

逮捕のきっかけとなったのは、匿名での通報でした。

10日午前4時前、
渋谷区円山町のクラブにいた男性から、

「和真という人が薬物を所持している情報がある」

との110番通報があり、
駆けつけた警察官が、
吉澤容疑者を呼び止めて検査したところ、
MDMAの陽性反応が出たため、逮捕に至ったという。

陽性反応が出たため現行犯逮捕された吉澤容疑者ですが、本人は容疑を否認しています。

世間の反応

カズマックスさんが逮捕されたってツイッターで流れてるけど、
僕にとってはテクニカル分析の存在を教えてくれた人であって、感謝してる。

ちょっと複雑な気持ちやんな。

カズマックスさんのことを信じてます。

知らなかったカズマックスのタイーホw

薬物とかワロス( ^ω^ )

渋谷でタイーホワロスワロス。

ついでに詐欺行為も暴かれるとさらにワロス。

つるんでたゴミ久保とかにも手が回るのかな。

するとまたまたワロス( ^ω^ )

吉澤和真の父親は誰?名前や画像は?

仮想通貨のトレーダーとして活躍している吉澤氏ですが、父親も実業家でした。

本人によると、父親は革製品の会社を経営していたようです。

しかし、父親の金遣いが荒かったために会社は倒産。

その際、息子の吉澤氏は3億円の借金を抱えることになったのです。

KAZMAXこと吉澤和真は89年生まれの30歳。

実家は、
皮革製品を製造販売する裕福な家庭だったが、
父の放蕩が過ぎて倒産、
24歳にして3億円の借財を背負わされたという。

※「現代ビジネス」より引用
(2019年6月27日配信)

24歳にして3億円の借金を背負うことになった彼ですが、既に完済しているようです。

気になる父親について調べてみましたが、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)は一切公表されていませんでした。

ただ、本人のFacebookでは家族の欄に「Kiichi Yosizawa」という人物が記載されていました。

この人物との続柄は不明ですが、その外見からして父親である可能性は否定できません。

ちなみに、吉澤氏のFacebookでは母親の写真がアップされていました。

しかし、母親の名前は「坂間浩子」であり、親子で苗字が異なっています

このことから、両親は離婚していると思われます。

経歴は?

吉澤氏の学歴がこちらです。

学歴

(1)明治大学付属 中野高校

(2)明治大学 経営学部

大学を卒業した後は就職し、サラリーマンとして生活していました。

しかし、サラリーマンでは3億円の借金を返済することは不可能と悟ったため、彼は”ある投資家”に弟子入りすることを決断したのです。

大学は出たものの、
まともなサラリーマンでは返済は適わず、
頼ったのは当時、心酔していた情報商材も扱う投資家で、
弟子入りのような形で運転手を務める。

ネットを舞台に画像やテキストを提供、
カネ儲けのノウハウを提供する情報商材の世界を出発点に、
KAZMAXは運転手としての待ち時間を利用、株、為替、先物の徹底的な分析を行ない、
そこで確立した投資原則が、
「三尊」に代表されるテクニカル分析を通じた売買だった。

※「現代ビジネス」より引用
(2019年6月27日配信)

資産は?

トレーダーとして成功した吉澤氏ですが、資産はいくらなのでしょうか?

そこで、彼の資産を調べたところ、「50億」との情報が確認されたのです。

仮想通貨で生み出した資産は50億円に上るといわれ、
「週刊SPA!」(2018年9月11日号)にはインタビューも掲載された。

《資産50億円は通過点。

もっと稼いで贅という贅を体験してみたいですね》
(同誌)

と語っているが、
毎夜、六本木や西麻布のクラブやラウンジのVIPルームに入り浸っているという。

※「週刊文春デジタル」より引用
(2019年6月20日配信)

追記

「資産50億」は嘘?

吉澤容疑者が逮捕されたことで、テレビ各局が彼の資産について取材を行ったところ、「数千万~1億円」程度との証言が確認されたのです。

これが事実であれば、「資産50億円」はだったことになります。

逮捕前は高級車を乗り回していた吉澤容疑者ですが、その車についても「レンタカー」疑惑が浮上していました。

こうした疑惑が浮上したところを見ると、彼の懐事情は芳しくなかったのかもしれません。

文春に「サロン砲」という手口をスクープされる

吉澤容疑者はトーレーダーだけではなく、オンラインサロンの運営者でもあります。

月額の会費は3万円と決して安くはない金額ですが、全盛期の会員数は5500人を超えていたと言います。

サロンでは自身の手法を塾生に伝授しており、会員にも利益を挙げさせると触れ込まれていました。

しかし、彼の側近だったX氏がサロンの実態を「週刊文春」に告発したことで、会員は200人程度まで激減する事態となったのです。

その告発内容は、吉澤氏が「サロン生を食いモノにして莫大な利益を挙げている」というものでした。

文春に掲載された手口がこちらです。

KAZMAX氏がサロンに「ロング(買い)」と投稿すると、
多くのサロン生が自分の資産をロングにポジションを持つので、
一時的に凄まじい勢いでビットコインの価格が上がる。

つまり、
サロン生が動き出す前に、
KAZMAX氏はグループLINEのメンバーと情報を共有し、
ひと足早く「ロング」にポジションを持てば、
サロン生よりも確実に大きな利益を得ることができる。

(2019年6月20日配信)

上記の通り、吉澤容疑者は特別なメンバーでLINEグループを作り、サロン生よりも一足早く情報を共有していたのです。

特別なLINEグループは「KTS」(11人)および「KAZMAX」(35人)と呼ばれ、サロン生には極秘で組織されていました。

サロン生は知りませんが、
実はサロンで公開される前に一足早くトレード情報の情報が共有される、
“秘密のLINEグループ”がいくつか存在するのです」
(X氏)

X氏のPCからは、
「KTS」という11人から成る秘密のグループの存在が確認できた。

さらに、
別の関係者からも「KAZMAX」という35人(2018年8月18日時点)のLINEグループの存在を確認している。

このサロン砲は、自分に有利なポジションにサロン生を誘導することで利益を得る手法です。

そのため、吉澤容疑者の指示通りに動いたサロン生は損を出し、それとは逆に動いた人間は利益が挙がるのです。

こうした行為を見かねたX氏は、サロンの実態を文春に告発したというわけです。

しかし、吉澤容疑者は上記の疑惑を一貫して否定しており、現在に至るまで自身の非を認めてはいません。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!