【解散理由】太田守正組長が引退?神戸山口組:太田興業の組織図

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、暴力団員の太田守正氏を取り上げます。

神戸山口組の二次団体「太田興業」”組長”を務めている彼ですが、ここに来て突然の組織解散が報じられ世間の注目を集めています。

一体なぜ、太田興業は解散するのでしょうか?

神戸山口組の二次団体:太田興業が解散

太田興業の解散について「日刊ゲンダイDIGITAL」は次のように報じています。

神戸山口組の「事始め」が13日、
同組「2代目西脇組」(神戸市西区)で執り行われた。

「事始め」は暴力団にとって、
新年を迎える節目の儀式。

現場には警察車両や輸送用バスが複数台停車し、
兵庫県警、大阪府警、警視庁、機動隊員ら約40人が警戒にあたり、
物々しい雰囲気に包まれた。

午前11時ごろ、
ほんの10分ほど前、事務所に入ったばかりの太田興業の太田守正舎弟頭補佐(82)が再び姿を現し、
そのまま車に乗り込み現場を後にした。

約30分後、
事務所に到着した井上邦雄組長(71)は車を通用口にベタッと横付けし、
カメラを避けるように、建物内へ。

幹部ら十数人が集まった席上で、
太田舎弟頭補佐が組の解散届を提出したことが明らかにされたという。

(2019年12月18日配信)

上記の通り、太田興業の組長・太田氏は、暴力団にとって”新年”に当たる節目「事始め」に解散届を提出していたのです。

太田興業は神戸山口組の二次団体として有力な組織であるため、内外では大きな衝撃が走っています。

一体なぜ、それほど有力な組織が解散することになったのでしょうか?

解散の理由は?太田守正は引退?

現在のところ、太田興業の解散理由は公表されておらず不明です。

ただ、一部からは太田組長の引退説が取り沙汰されていました。

2019年12月13日、
神戸山口組舎弟頭補佐の太田興業『太田守正』組長が引退し、
太田興業が解散するという情報が流れた。

神戸山口組の長老として存在感を放っていたが、
納会の日に合わせて引退を表明し、
太田興業は解散したとされる。

※「神戸山口組を研究する会」より引用
(2019年12月18日公開)

確かに、組長が引退すれば、その組織が解散するのは道理と言えます。

ただ、太田組長の進退までは明かされていないため、本当に引退するのかは定かではありません。

しかし、引退が事実だとすれば、それは高齢が原因かもしれません。

引退は規制逃れのカムフラージュ?

一部では引退を望んでいたとされている太田組長ですが、「ビジネスジャーナル」では”別の可能性”が指摘されていました。

それが「規制逃れ」です。

だが、一方で、
別の見方をするヤクザ事情に詳しいジャーナリストもいる。

「特定抗争指定暴力団に指定されると、
当局の規制や監視も厳しくなり、
今までのように活動はできません。

そのため、
動きやすいように、
地下に潜る必要が生じている出てきているはずです。」

「太田興業の解散、
太田組長の引退も、
規制逃れのカモフラージュという可能性があるのではないでしょうか」

(2019年12月17日配信)

もし、太田組長の引退と組織の解散が「規制逃れ」が目的であれば、引退も解散も”形だけ”ということになります。

世間の反応

神戸山口組の太田興業 破門解散ですか。

もうボロボロですな。

最近復活したばかりなのに 
もう解散なのか?

親爺さん 
また白浜に戻んのかな??

反社が解散(解体)するのは良いことや。

太田興業の組織図は?

太田組長をトップとする太田興業ですが、組織図は存在しているのでしょうか?

そこで、この組織の組織図を調べてみたものの、現在までにその存在は確認できませんでした。

しかし、構成員は判明したため、”役職付き”の人間については以下に引用します。

組 長-太田 守正(神戸山口組舎弟頭補佐)

若 頭-綾川 三智雄(守道会会長)

顧 問-谷 和彦

顧 問-岡川 賢二(岡川総業組長)

本部長-金岡 幸成(金岡総業組長)

若頭代行-北野 利樹(平成塾塾長)

組織委員長-紅野 直人(紅野組組長)

渉外委員長-杉本 博(二代目三坂組組長)

若頭補佐-堀 和弘(綾心興業組長)

若頭補佐-新井 龍吉(新井興業組長)

若頭補佐-川口 亮(二代目綾誠会会長)

若頭補佐-神山 一幸(神山組組長)-服役中

中四国責任者-中平 哲也(中平組組長) 

関東責任者-山口 尚人(二代目谷興業組長)

幹 部-石橋 拓也(守成会会長)-服役中

組長秘書-杉山 明

組織委員-山田 謙誠(山田組組長)

若中筆頭-家田 紘幸

※Wikipediaより引用

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!