【評判】生方幸夫が炎上↓拉致被害者は生きていない

こんにちは。坊主です。

2021年10月11日、立憲民主党の生方幸夫(うぶかた ゆきお)衆院議員が拉致被害者について問題発言を行い炎上しています。

一体、生方議員は拉致被害者について何と言ったのでしょうか?

立憲民主党:生方幸夫が「拉致被害者は生きていない」と発言して炎上

生方議員の問題発言について「産経新聞」は次のように報じています。

立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、
9月に千葉県松戸市で行った会合で、
北朝鮮による日本人拉致問題について

「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」

などと発言したとして、
拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、
発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した

救う会などによると、
生方氏は9月23日、
松戸市での会合で拉致問題について見解を問われ、
横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=について

「横田さんが生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」

とした上で、

「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、
政治家は皆そう思っているということ」

などと発言した。

※「https://www.sankei.com/article/20211011-PDZ6HDJ6HRNDTGFMIESBOL4VUI/」より引用

上記の通り、生方議員は拉致被害者について「もう生きてはいない」と発言していたのです。

北朝鮮による日本人拉致問題は国を挙げて解決に当たるべき事案であるにも拘わらず、そうした努力や被害者家族の心情を踏みにじる発言を、”政治家”である生方議員が率先して行っていました。

世間の反応:除名を求める声も

この議員だけの問題ではなく、
立憲民主党としての対応が必要です。

日頃、与党に対しては、説明責任と言うが、党としての説明が必要です。

除名に値する発言です。

これを曖昧にしたら、
立憲民主党は衆議院選挙で大敗を喫するでしょう。

許せる訳がない。

あまりにむごい発言です。

人の心をお持ちかと疑います。

国会議員を辞めていただきたい。

明確な証拠もなく「死んだ」と決めつけ、
実は助けを求めているかもしれない
拉致された国民を助ける気がないなら、
国会議員を今すぐ辞めて頂きたい。

千葉6区の皆様、お願いします。

こいつに1票たりとも入れないで下さい。

評判は?

生方議員の評判について調べたところ、「メディアに利用されている」という声が確認されました。

事実、生方議員は森 喜朗氏が女性蔑視とも取れる発言をした際、自身のTwitterで痛烈に批判していました。

先ほどのツイートでも指摘されている通り、生方議員はメディア(SNS)を通じて世論形成しているつもりが、今回の問題発言によって今度はSNSで追い詰められる格好となったのです。

そして、その発言は当該ツイートでも指摘されているように、自身が所属する政党の評判を落とす結果になったというわけです。

また、生方議員は拉致被害者への問題発言に関して謝罪こそしたものの、その直後からTwitterでブロックを連発しているようです。

https://twitter.com/Kuttusentyo/status/1447414373178249216

自身に批判的な言説に対してブロックという手段を採るということは、真摯に反省していないと見られても仕方ないでしょう。

こうした態度からも生方議員の評判は”推して知るべし”と言えます。

スポンサーリンク