【評判+口コミ】総合ペットサービスセンターで虐待?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年7月2日、愛知県 蟹江町に住む会社役員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、ペット関連会社を経営する河合裕之(55歳)です。

一体、河合は何をしたのでしょうか?

凍傷で犬の耳を欠けさせた容疑で河合裕之が逮捕される

逮捕された河合について「CBCテレビ」は次のように報じています。

河合容疑者は、
代表を務める愛知県あま市の「総合ペットサービスセンター」で、
部屋の温度を適切に管理せず、
預かっていた「イタリアングレーハウンド」の耳を凍傷で欠けさせた動物愛護法違反の疑いがもたれています。

犬はしつけのために、
去年(2020年)11月からことし1月まで預けられ、
飼い主が引き取った際、
首にやけど、頭にすり傷、
さらに尻尾が骨折していて、
警察に相談したということです。

「犬が言う事を聞かないと怒鳴り声をあげて。

散歩中リードを強く引きすぎて犬が吐いているのも1回見たことがある」
(近所の人)

(2021年7月2日配信)

上記の通り、河合は客から預かった犬を適切に管理せず、耳の欠損や尻尾の骨折などを負わせていたようです。

今回被害に遭った犬種であるイタリアングレーハウンドがこちらです。

被害に遭った犬には複数の怪我があったことから、事故による過失ではなく、故意による虐待の可能性も考えられます。

河合が代表を務める「総合ペットサービスセンター」とは、どんな評判なのでしょうか?

世間の反応

躾って、犬を殴ることでも怪我させることでもなくて、
自分をコントロールできるよう訓練させる事だと思うんだけどなぁ。

1番躾が必要なのはその人かもね。

こういうのを見ると、
預ける側もじゅうぶん用心しないといけないなと思う。

ペット業界に関わってる人全てが動物愛護の精神を持っているかと言うと、
悲しいけどそうじゃないと思うから。

愛情持って接してくれる、
知識ある専門家を頑張って探す必要がありますよね。

もう、業者は論外だけど、

自分の飼い犬を預けて訓練やしつけをしてもらうと言う飼い主の考え方も変えるべきだと思う。

預けてしつけをしてもらうのが
サービスだと思うなら犬なんて飼うべきじゃない。

総合ペットサービスセンターの評判+口コミ

総合ペットサービスセンターの評判について調べたところ、以下の口コミが確認されました。

犬を最近1ヶ月預けたものです。

健康管理は一切していない施設です

非常に館内が尿の匂いだったのと、
オシッコシートなしでゲージに入れられていたのです。

病気にならない方が不思議です

金儲けだけの施設と言わざるを得ないです。

検討されている方は、
館内の見学をされてからよく考えてからにしたほうが良いです。

衛生面でかなりアウトです。

※「Googleの口コミサイト」より引用

上記の通り、この口コミでは衛生管理の悪さが指摘されていました。

ただ、上記の口コミサイトでは、総合ペットサービスセンターの評価は3点(5点満点中)と高評価を得ているのです。

また、口コミ9件のうち2件は、同センターの躾を絶賛する内容でした。

いつも丁寧な対応ありがとうございます!

我が家の犬もすっかり良い子になって助かりました。

また何かあったらお願いしたいと思います。

生後3ヶ月頃から、特に、夫に、突然噛むようになり、
3ヶ月、しつけ教室に預けました。

しつけ教室に預けた後、
リーダーシップが、とれていなかった、
指示の出し方、
しつけに悩んでいた事が解決出来ました。

スタッフの方々、
本当に有り難うございました。

愛犬の悩みを、聞いて頂いて、
私達の心も安らぎ、楽しく毎日を過ごしております。

同センターの改善点を”具体的”に批判した口コミは先ほどの1件しか掲載されておらず、これらの評判を見る限り、日常的に虐待が行われていたとは思えません。

もし日常的に虐待が行われていたとすれば、先の口コミサイトには膨大な数の批判が殺到しているはずです。

現在の報道(情報)だけでは、河合の経営するペットセンターを真に評価することは困難と言えます。

スポンサーリンク