【辞任⇒退陣?】首相:安倍晋三が体調悪化で吐血した?癌?

政治家

こんにちは。坊主です。

2020年8月24日、安倍晋三総理が慶應大学病院に入ったとの”速報”が流れました。

安倍総理は8月17日にも同病院を訪れており、今回で”2度目”の受診となります。

世間では首相の健康不安が噂されていますが、周囲の人間は体調の悪化を真っ向から否定。

しかし、2度目の受診だけあって健康不安説はますます真実味を帯びる事態となっているのです。

果たして、安倍総理は本当に健康なのでしょうか?

安倍晋三総理が慶應病院を2度目の受診

安倍総理の受診について「毎日新聞」は次のように報じています。

安倍晋三首相は24日午前、
東京・信濃町の慶応大病院を再び訪問した。

首相は夏休み中の17日に同病院を日帰りで受診しており、
2週続けての訪問となる。

首相周辺は

「先週の受診時に医師から1週間後にまた来るよう言われており、
前回の続きだ」

と話している。

首相は公務に復帰した19日、
記者団に

「体調管理に万全を期すために検査を受けた」

と説明。

「これから再び仕事に復帰して頑張っていきたい」

と公務への意欲を語っていた。

19日以降の平日は連日、
午後から首相官邸に出勤し、
新型コロナウイルス対応などで関係閣僚や省庁幹部との打ち合わせを行っている。

(2020年8月24日配信)

上記の通り、今回の受診は”前回の続き”だったのです。

ただ、安倍総理は「胃潰瘍性大腸炎」という持病を抱えており、第一次安倍内閣の時には、この病気の悪化を理由に任期途中で辞任しています。

国民はこの時の経験があるからこそ、安倍総理の体調には過敏になっているのです。

世間の反応

検査結果を聞きに行くのに何か問題があるの??

と言った塩梅でしょう。

そりゃ、検査すりゃその場で結果が出る物もあれば時間かけてでる物もある。

再来院は珍しくない、てか、普通じゃないの?

しかし、
そんなに首相の健康状態が気になるかね?

タレントさんが言ってたけど
本来「国のトップシークレット」の一つなんだがね。

健康状態はトップシークレットだけど
少しでも健康不安が出れば
これで党内の求心力が一気に低下する可能性が大いにあるわけで
意外とアンチ安倍派だったりがマスコミにリークしてるかもしれない。

政治の世界は怖い。

体調悪化で吐血した?癌は事実か?

国民が安倍総理の健康を不安視する理由は、「FLASH」の記事が大きく関係しています。

というのも、同誌が首相の”吐血”を報じたからです。

今月(8月)4日に発売された写真週刊誌「FLASH」が

「首相が7月6日に首相官邸内の執務室で吐血していた」

という記事を出した後、

「(首相の)ストレスが極度に達し、
持病である潰瘍性大腸炎だけでなく胃も悪くなった」

という報道が続いた。

※「中央日報」より引用
(2020年8月18日配信)

この吐血報道が出たことで、安倍総理の体調悪化説が急浮上したというわけです。

また、吐血報道から派生して「癌」報道も飛び出しています。

“吐瀉物の中に「黒い塊」があった”

専門医の話によると、
胃酸と出血が混じると黒くなる。

吐瀉物に「黒い塊」が混じっていたとなれば吐血が疑われる。

しかも、
潰瘍性大腸炎による出血はあり得るが、
その場合は下血になる。

胃から吐血となると潰瘍や癌も疑われるという。

※「NEWSポストセブン」より引用
(2020年8月24日配信)

潰瘍性大腸炎は「大腸がん」を併発するリスクが実際に報告されています。

そのため、病理的に見れば、安倍総理はいつ癌を発症しても不思議ではないのです。

しかし、現在の時点においては「吐血」も「癌」も週刊誌の報道だけが情報源であり、事実とは言い難いものがあります。

放り投げ辞任⇒退陣はある?

新型コロナウイルスを巡る政府の対応は失策が続いており、国民の怒りも頂点に達しています。

そして、その怒りは一国のトップである安倍総理に向けられています。

首相のSNSには罵詈雑言が書き込まれ、人格否定するコメントも少なくありません。

こうした状況下、一部からは「放り投げ辞任」の可能性が指摘されています。

政治評論家の野上忠興氏は言う。

「今や、やることなすこと全て裏目です。

最大の頼みの支持率も下がる一方で、
ますます精神的に追い込まれている。

70年談話のこともあるし、
今後は参院の委員会で、
縛り付けられる日が多くなる。

先のことを考えると頭が痛いでしょう。

途中で放り投げる可能性はゼロではありません」

※「https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161846/2」より引用

もし、安倍総理が任期途中で職務を投げ出すことがなれば、そのまま内閣は退陣に追い込まれるかもしれません。

そうした事態になれば、これは第一次安倍内閣と同じ構図(結末)となります。

スポンサーリンク