【遊戯王SEVENS】ラッシュデュエルとは?ルールを解説

時事

こんにちは。坊主です。

2019年12月12日、アニメ「遊戯王」の新シリーズが発表され世間の注目を集めています。

また、新シリーズの放送開始に伴い、”新たなデュエル”も誕生しました。

一体、次世代の遊戯王はどんなコンテンツになるのでしょうか?

遊戯王の新アニメ「遊戯王SEVENS」が放送開始

2020年4月から放送が開始される遊戯王の新アニメが「遊戯王SEVENS(セブンス)」です。

SEVENSの主人公は史上初の”小学生”(5年生)で、名前を「王道遊我」(おうどう ゆうが)と言います。

王道遊我に関する説明がこちらです。

ゴーハ第7小学校に通う、デュエルと発明が大好きな5年生。

自分で発明したものを「ロード」と呼んでいる。

大人たちが管理するデュエルをキュークツだと思っていて、
自分で考えたルールで世界中のデュエリストを楽しませることを夢見ている。

エースモンスターは「セブンスロード・マジシャン」

※「アニメージュプラス」より引用

上記の通り、SEVENSの世界では”自分で考えたルール”でデュエルを行います。

この”自分で考えたルール”というのが、”新たなデュエル”として現実のカードゲームでも実装されます。

それが「ラッシュデュエル」と呼ばれる新システムです。

一体、ラッシュデュエルとはどんなシステムなのでしょうか?

ラッシュデュエルとは?ルールは?

遊戯王SEVENSの放送開始に伴い実装されるのが、ラッシュデュエルと呼ばれるシステムです。

「ラッシュ」と命名されている通り、このラッシュデュエルでは超高速のゲーム展開が可能となります。

超スピードでのデュエルを可能にする根幹のルールが以下の3つです。

※「KONAMI」より引用

上記の通り、ラッシュデュエルでは”専用”のカードを用いてデュエルを行います。

特筆すべきは(2)の連続召喚と、(3)の手札補充に関するルールです。

従来のルールでは、(通常)召喚権は1ターンに1度しか認められていませんでした。

しかし、”連続召喚”という概念が導入されたことにより、召喚制限を無視して大量のモンスターを並べることが可能となりました。

続いて、手札補充に関する新ルールが導入されたことで、プレイヤーは常に手札を確保することができます。

そのため、どんなに劣勢でも戦況を一気に覆す可能性を秘めているのです。

これが”ラッシュ”デュエルと呼ばれる所以です。

現在の環境でも十分に高速化は進んでいますが、ラッシュデュエルが導入されれば、そのスピードは今までの比ではありません。

遊戯王OCGとラッシュデュエルは別枠

ラッシュデュエルという新たな概念が導入されますが、KONAMIの公式サイトを見る限り、OCGとは”別枠”でスタートするようです。

先述した通り、ラッシュデュエルを行うことができるのは”専用”のカートのみです。

■ラッシュデュエル専用カード

そのため、既存のカード群(OCG)を使って連続召喚することはできないのです。

世間の反応

ラッシュデュエルのクソゲー感やばい。

あとカードデザインがダサい。

ダサすぎて遊戯王やめたくなる

ラッシュデュエル 毎ターン手札補充…

もうこれ古のルールだろ

ラッシュデュエルのルールってなんかデュエマみたい

一番下のやつとか
子供の頃友達同士でやる時の手札補充ルールやんw

スポンサーリンク