【隠し子】岩村明憲の不倫相手=愛人Mは誰?ダンサーの名前は?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

今回は、元プロ野球選手の岩村明憲さんを取り上げます。

2017年、自身の不倫をフライデーに報じられた際に”隠し子”の存在までもが発覚し、奥さんと離婚。

当時の愛人Mに対しては養育費の支払いを続けていた岩村さんですが、ここに来て養育費の不払いが報じられ世間の注目を集めています。

果たして、養育費の不払いは事実なのでしょうか?

岩村明憲が隠し子の養育費を払っていない?

岩村さんの養育費問題について「SmartFLASH」は次のように報じています。

紆余曲折を経て、
養育費だけは毎月20日に20万円ずつ、
岩村氏が振り込むことで合意した。

ただし、
契約書などは交わさなかったという。

ところが2021年1月、
Mさんのもとに、岩村の代理人弁護士から、驚きの通知書が届く。

それはコロナ禍で収入が減り自身の生活が苦しくなったとして、
一方的に養育費の停止を通知するものだった。

「話し合う場もなく我が子の養育費を打ち切るなんて、あんまりです。

それに通知書には、

『養育費としてこれまで1650万円を支払った』

とありますが、そんなにもらってない。

途方に暮れています」
(同前)

※「https://smart-flash.jp/sports/130701」より引用

上記の通り、岩村さんはコロナ禍で収入が減少したことを受けて、養育費の支払いを停止する通知書をMさんの元に送っていたのです。

これまでのキャリアを考えれば相当な貯蓄があると思われますが、彼は浪費家であるため、既に散財しているとのこと。

そのため、養育費の不払いを「事実」だと認めたのです。

しかし、支払った養育費の金額については双方の主張が対立しており、食い違っています。

世間の反応

「もとから僕が浪費家なこともあり、
貯蓄を切り崩しながらの毎日で、
自分の生活もまわらず、
定期的な支払いが難しくなってしまいました」

本当に金無くなってそうなコメントだな。

何したら岩村の収入からして金が回らないなんてことになる??

上甲監督が泣いてるよ。

とにかく裁判起こし取れるだけ取りましょう。

彼の生活を考えれば苦しいと言っても
世間のレベルとは桁が違うと思います。

売れるものは全て売り払ってでも
払わせてください。

こいつの球団なんて誰も応援なんてしませんよ。

裁判を起こすのではなく、
週刊誌にネタを持ち込んだ理由は何だろう?

単に復讐か?

今時、
自分だけが被害者面出来ると思ったのだろうか?

不倫の事実は横に置いて。

不倫相手:愛人M(ダンサー)は誰?名前の特定は?

岩村さんと不倫関係にあった愛人Mさんとは誰なのでしょうか?

当時の報道によると、Mさんは「ゴーゴーダンサー」として活動していたようです。

ゴーゴーダンサーとは、ナイトクラブなどでセクシーなダンスを披露する女性を指します。

フライデーに掲載されたMさんの写真がこちらです。

この画像はMさん本人のインスタグラムにアップされていたものです。

一体、ゴーゴーダンサーのMさんとは誰なのでしょうか?

そこで、Mさんの正体について調べたところ、「MIKA CYBERJAPAN DANCERS」の「MIKA T」(みかてぃー)さんの名前が挙げられていたのです。

CYBERJAPAN DANCERSは日本を代表するゴーゴーダンサーチームであるため、このグループが真っ先に疑われたというわけです。

しかし、結論から言えば、「愛人M=MIKA T」は”人違い”です。

というのも、愛人Mには2人の子供がいますが、MIKA TさんのSNSには子供の話題が一切ないからです。

また、そうした”噂”すらないことから、岩村さんの愛人MはMIKA Tさんではありません。

MIKA Tさんが子供の存在を公表していなくとも、2人の子供の存在を隠し通すことは容易ではないでしょう。

そもそも、フライデーの記事ではCYBERJAPAN DANCERSを示唆する表現は一切ないのです。

確かに、CYBERJAPAN DANCERSは日本を代表するゴーゴーダンサーチームであるため、愛人Mがこのグループに在籍していても不思議ではありません。

しかし、ゴーゴーダンサーチームは複数あり、その中には無名なグループも存在しています。

つまり、「ゴーゴーダンサー=CYBERJAPAN DANCERS」という前提そのものが間違っている可能性があるのです。

スポンサーリンク