【顔画像】ハリーナ・ハッチンズの死因↓銃の事故原因は?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年10月21日、アレック・ボールドウィンさんが映画撮影中にプロップガンを誤射し、スタッフ2人が死傷しました。

報道によると、死亡したのはカメラマン 兼 監督のハリーナ・ハッチンズさんとのこと。

一体、ハリーナ・ハッチンズさんとはどんな人物なのでしょうか?

ハリーナ・ハッチンズが銃の誤射で死亡

銃の誤射で死亡したハリーナ・ハッチンズさんについて、「CNN」は次のように報じています。

米西部ニューメキシコ州で21日、
映画「ラスト」の撮影中に俳優アレック・ボールドウィンさんが小道具の銃を発射し、
撮影監督の女性が死亡、監督の男性が負傷した。

サンタフェ郡の保安官事務所によると、
撮影監督のハリーナ・ハッチンズさん(42)はヘリコプターでニューメキシコ大学病院に空路搬送されたものの、
病院関係者によって死亡が確認された。

※「https://www.cnn.co.jp/showbiz/35178445.html」より引用

今回の事故で支部したハリーナさんの顔写真(画像)がこちらです。

非常に若々しい彼女ですが、結婚や家族の有無については情報が得られていません。

世間の反応

撮影監督が死亡したって、役者でもないのに?

何でスタッフに向けて撃ったのか?

それとも、跳弾で?

撮影中の事故としても、
基本的に人に向けて撃つもんなの?

向いてる方向だけ合ってれば良いんだから、少しずらすでしょ?

役者が監督を撃ったんだから、
何かしらの事件の匂いがするんだけど。

撃ってしまった方はショックでしょう。

銃の管理責任が誰にあるかが問題ですね。

なぜ小道具に銃弾が?

名探偵コナンでありそうな事件です。

死因や銃の事故原因は?

42歳という若さで死去されたハリーナさんですが、死因については詳細が明らかにされていません。

海外の報道を調べても「死亡した」という事実のみに言及されており、被弾した場所(部位)さえも公表されていないのです。

事故原因に関しても当局は捜査中であるため、本件事案に関しては不明点が多いのが現状です。

スポンサーリンク