【顔画像】兒嶋(児嶋)勝の経歴は?リーガルビジョン会長

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、兒嶋 勝氏を取り上げます。

補足

苗字については表記の揺れがあり、
「児島」「児嶋」など複数の表現が見受けられますが、
本記事では「兒嶋」に統一。

「リーガルビジョン」会長を務める彼ですが、ここに来て「東京ミネルヴァ」(弁護士法人)の破産に関わっていたことが明らかになり世間の注目を集めています。

一体、兒嶋会長と東京ミネルヴァにはどんな関係があったのでしょうか?

東京ミネルヴァが過払い金を顧客に返還せず広告費に流用

東京ミネルヴァが破産した原因(背景)について、「ダイヤモンド・オンライン」は次のように報じています。

消費者金融を利用したことがある人に、
過払い金利の返還が受けられるとの広告を大量に流していたことで知られるが、
破産の背景には、
依頼者に支払われるべき過払い金
少なくとも30億円が弁護士法人を実質的に支配する広告会社により流用されてきたという、
弁護士にあるまじき不祥事があることが分かった。

過払い金が仮に1人当たり30万円だとすれば、
被害は1万人規模に及ぶことになるが、
ある事情通は

「被害者は2万人に達する可能性もある」

と語る。

(2020年6月26日配信)

上記の通り、東京ミネルヴァは依頼者に返還されるべき”過払い金”広告費に流用していたのです。

つまり、東京ミネルヴァの破産は単なる破産ではなく、詐欺事件の様相も帯びていることになります。

しかし、過払い金の流用は東京ミネルヴァの独断ではありませんでした。

実は、東京ミネルヴァの背後には”ある人物”の存在が大きく関わっていたのです。

それが冒頭でも触れた、リーガルビジョン会長の兒嶋 勝氏だったというわけです。

兒嶋会長は「DSC」という会社を立ち上げていますが、これがリーガルビジョンの”前身”です。

兒嶋会長と東京ミネルヴァの関係について同紙は次のように続けています。

実は東京ミネルヴァが返還前の過払い金(預かり金)に手を付け始めたのは、
かなり前からのことである。

(東京ミネルヴァの)川島弁護士は状況を打開するため、
集客アップで収益改善を図り、
依頼者へ返す資金を捻出しようとした。

だが、
そのためには結局兒嶋氏の力を借りざるを得ず、
同氏への依存がますます深まる悪循環に陥っていった。

本来消費者金融から過払い金が入金される銀行口座は、
事務所の運営経費とは分別管理する必要がある。

ところが、
兒嶋氏が送り込んだ経理担当は指示されるまま同氏サイドへの送金を繰り返した。

東京ミネルヴァの代表弁護士である川島 浩氏は、過払い金の流用を是正するため、兒嶋会長に幾度となく進言したと言います。

しかし、兒嶋会長は「広告をストップする」などと脅しをかけ、川島弁護士は逆らうことができない状態にあったようです。

一体、これほどの権力を持つ兒嶋会長とは何者なのでしょうか?

世間の反応

元街金なら借りに来る人間の懐事情は十二分にしっているし、
グレーゾーン金利の暴利は十二分に承知しているから、
会社が傾きかけている相手の懐に忍び寄って
草の根1本も残さないほど根こそぎ持って行けるわけですね。

弁護士や医者も経営に関してはダメな者も多いけど、
論破を売りにする弁護士を操っていたのが凄い。

弁護士法人が数十億円の負債を抱えるなんてそもそも考えられない。

その背景は理解したが、
預かり金に手をつけたのは弁護士として倫理観が完全に欠けている点で相当ヤバい。

自分のところで貸した高利ローンの過払金請求を配下の法律事務所にやらせて、
回収された過払金から中抜きして還流させるとか、
武富士は闇が深すぎる。

リーガルビジョン会長:兒嶋(児嶋)勝の経歴や顔写真は?

破産した東京ミネルヴァの実質的な支配者だった兒嶋会長ですが、彼は何者なのでしょうか?

ダイヤモンド・オンラインによると、兒嶋会長は過去に「出資法違反」逮捕されたことがある人物のようです。

兒嶋氏は、
DSCとは別に淡路島で実質経営していた貸金業者で、
出資法違反(違法金利)容疑での逮捕歴もあるいわく付きの人物だ。

独立以前は武富士に勤務しており、札幌の支店長にまで上り詰めた経歴から、相当な”やり手”であることが窺えます。

兵庫県出身で、
消費者金融大手の武富士で札幌支店長までつとめた兒嶋勝氏が04年4月に設立した(株)DSC〔渋谷区〕がリーガルビジョンの前身。

ただ、ネットで検索しても兒嶋会長の素性(顔写真・経歴・家族構成)などは一切ヒットしないのです。

もちろん、FacebookやTwitterなどのSNSも存在しませんでした。

自身の痕跡を一切残していないことから、兒嶋会長は決して表メディアには出ない人間なのでしょう。

兒嶋会長について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

頂いた情報は精査した上で掲載させて頂きます。

【7月8日追記】顔写真が判明

「デイリー新潮」の報道により、兒嶋会長の素顔が判明しました。

同誌に掲載された兒嶋会長の顔写真がこちらです。

デイリー新潮によると、兒嶋会長の年齢は49歳。
(2020年7月現在)

彼が会長を務める会社の”社歌”「栄光の架橋」で、社内で開催された研修会ではDA PUMPのメンバーから応援メッセージが届いたようです。

スポンサーリンク