【顔画像】逮捕:林一貴は在日?町田で前科あり?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年6月18日、大宮市のネットカフェで立てこもった犯人が逮捕されました。

逮捕された犯人は林 一貴(かずたか)です。

一体、林 一貴とはどんな人物なのでしょうか?

大宮:ネットカフェ立てこもり犯の林 一貴を逮捕

逮捕された林について「日テレNEWS24」は次のように報じています。

さいたま市のJR大宮駅近くのネットカフェで、
男が女性従業員を30時間以上、人質にとり立てこもっていた事件で、
先ほど男が身柄を確保され、
監禁の疑いで現行犯逮捕されました。

人質だった女性も保護されていて、
ケガをしているかどうかはわかっていませんが、
命に別条はないということです。

(2021年6月18日配信)

上記の通り、人質となった女性従業員は命に別状はないようです。

しかし、現在の時点では詳しい動機などは不明で、続報が待たれます。

世間の反応

何がしたかったのか。

そして冤罪もありえない現行犯逮捕なんだから
ブルーシートで隠してあげる意味は無いですよ

無事解決して良かったのだが、
なぜ容疑者が連行される時にビニールシートであれだけ目隠しされないといけないのか?

どうも腑に落ちない。

現行犯なのに…。

実名が報道されたことにより、
前科者である可能性がもう既にネットで騒がれていますね。

同一犯であるなら尚更の事、
動機が気になりますね。

どちらにせよ
関係の無い他人を傷つけた償いもあります。

しっかりと罰せられて下さい。

顔画像は?町田でも前科あり?

逮捕後、警察に連行された林は顔を伏せていたため、その素顔を窺い知ることはできませんでした。

しかし、この林については”ある疑惑”が浮上しているのです。

それが「前科」です。

実は、2018年に林と同姓同名の人物が町田で事件を起こして逮捕されていたのです。

当時の事件について「産経新聞」は次のように報じています。

強盗目的でマンション内に侵入し、
住人女性の頭をゴムハンマーで殴ったとして、
警視庁町田署は強盗傷害と住居侵入容疑で、
東京都町田市中町の無職、林一貴被告(37)=別の住居侵入罪などで起訴=を再逮捕した。

※「https://www.sankei.com/affairs/amp/180524/afr1805240022-a.html」より引用
(2018年5月24日配信)

上記の通り、この時点で林は”再”逮捕されていたのです。

つまり、2018年5月の時点で、少なくとも2件の事件に関与していることになります。

この事件で逮捕された林の顔画像がこちらです。

立てこもり事件で逮捕された林の年齢は40歳で、2018年に逮捕された林は37歳でした。

名前だけではなく年齢も一致していることから、両者が同一人物という可能性は十分に考えられるでしょう。

過去の事件で有罪判決が下されていれば、林は前科者であり、”札付きのワル”と言えます。

在日韓国人?

ネット上では「林 一貴」という名前から「在日韓国人ではないか?」という声が上がっています。

というのも、ネット上では「左右対称の名前=在日韓国人」という都市伝説(噂)が蔓延っているのです。

確かに、「林 一貴」という名前は左右対称ですが、それだけで在日韓国人だと断定する根拠にはなりません。

憎しみや批判は林本人に向けられるべきであって、特定の国や人種への憎悪を煽動することは厳に慎むべきです。

【6月20日追記】立てこもりの4日前にも別の事件を起こしていた

その後の報道により、林が立てこもり事件を起こす4日前にも事件を起こしていたことが分かりました。

その事件というのが、横浜市で発生した強盗事件でした。

2021年6月13日、横浜市の”あるホテル”にて、風×店の女性従業員(22歳)が現金32万円を奪われる被害に遭いました。

実は、この強盗事件の犯人が林だったのです。

事件現場からは林の指紋が検出されており、既に物的証拠が挙げられています。

林は2018年にも強盗傷害事件を起こしていることから、強盗や窃盗などで得た資金を軍資金にして生活していた可能性があります。

スポンサーリンク