【顔画像+Facebook】渋川:小森和美を逮捕↓旦那の名前や動機は?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年8月31日、行方不明になっていた鷲野花夏さんの死亡が確認されました。

鷲野さんは行方が分からなくなる直前に”ある人物”と接触していました。

その人物というのが、群馬県 渋川市に住む20代の夫婦です。

警察は事件の容疑者として、まず妻を逮捕しました。

逮捕されたのは、小森和美(いずみ:28歳)です。

一体、この小森和美はどんな人物なのでしょうか?

鷲野花夏の失踪事件で小森和美を逮捕↓旦那の名前は?

逮捕された小森について「TBS NEWS」は次のように報じています。

行方不明になっていた東京都内の18歳の女子高校生が山梨県内の物置小屋で遺体で見つかった事件で、
警視庁は群馬県に住む28歳の女を××遺棄の疑いで逮捕しました。

20代の夫も逮捕する方針です。

××遺棄の疑いで逮捕されたのは群馬県渋川市に住む小森和美容疑者(28)です。

また20代の夫についても逮捕する方針です。

(2021年8月31日配信)

上記の通り、警察は夫についても逮捕する方針を固めています。

現在のところ、夫は逮捕されていないため、名前は公開されていませんでした。

しかし、妻の名前が公開されている以上、夫も逮捕されれば名前が公になるでしょう。

【追記】夫の名前も小森章平と判明↓顔写真あり

TBSの続報により、和美の夫の名前が明らかになりました。

逮捕された小森夫婦について「TBS NEWS」は次のように報じています。

東京・墨田区の女子高校生が遺体で見つかった事件で、
警視庁は先ほど群馬県・渋川市の小森章平容疑者(27)を××遺棄の疑いで逮捕しました。

妻の和美容疑者(28)も逮捕されていて、
夫婦は××についても仄めかしているということです。

(2021年8月31日配信)

上記の通り、夫の名前は「章平」でした。

章平の顔写真がこちらです。

マスク姿で素顔こそ不明ですが、いずれは夫婦共に鮮明な顔写真が公開されると思われます。

世間の反応

防犯カメラの解析が凄い、

先日の硫酸事件も男の自宅や足取りが特定されたし、
今回も乗り込んだ車の足取りが掴める。

この事件、
犯人とされる20代の男女は一体何が目的だっただろう

監視カメラに容疑者たちの車に自ら乗り込む被害者の姿があったと聞くが
被害者は当初身の危険を感じていなかったように思える

まったく接点のなさそうな被害者と容疑者たち

いずれ捜査によって真相が明かされる事になるとは思うが
またしてもSNSやマッチングアプリなどが彼らを繋いでしまったのか…

三時間帰ってこないからって捜索願いだすかな。

警察も動きが早かったように思えるし
心当たりというか事件に巻き込まれるかも、
という可能性は家族も感じていたのだろうか…

顔画像+Facebookは?犯行動機は?【追記あり】

現在のところ、和美が犯行に及んだ動機については詳細が報じられていません。

そのため、犯人と鷲野さんの接点も解明されていないのです。

ただ、防犯カメラの映像を見る限り、鷲野さんは自ら犯人の車に乗り込んでいます。

このことから、強制的に連れ去られたというわけではありません。

犯人の顔写真も公開されていない現在の時点では、本人のFacebookも特定できていません。

補足

Facebookには「小森和美」という同姓同名のアカウントが複数存在していますが、
居住地(群馬県 渋川市)が一致する人物は確認されていません。

逮捕された犯人の詳細については続報が入り次第、追記します。

【追記】

「日テレNEWS24」が小森和美の顔写真を公開しました。

和美の顔写真がこちらです。

ただ、この顔写真を元にFacebookを検索しても、本人と思われるアカウントは特定できていません。

【追記】

犯行動機は妻(和美)の嫉妬だった?

報道によると、夫の章平は2019年頃からTwitterを介して鷲野さんと接点を持っていたようです。

この2人の関係を妻の和美が疑ったことで、鷲野さんを交えて3人で話し合いの場が設けられました。

この供述が事実だとすれば、犯行の動機は鷲野さんに対する和美の嫉妬だったと推測されます。

隠蔽工作をしていた?

鷲野さんを失踪に関与していたとして逮捕された和美ですが、事件の発覚を恐れて隠蔽工作をしていた疑惑が浮上しています。

実は、鷲野さんを行方不明になった後、彼女を名乗る人物から家族宛てにメールが送信されていたのです。

そのメールには「明日帰る」と綴られていましたが、この送信元は鷲野さんの携帯電話ではありませんでした。

行方不明になった後、
別人の携帯電話から家族宛てに、
女子生徒本人を名乗って

「明日帰宅する」

といった内容のメッセージが届いていたという。

※「朝日新聞DIGITAL」より引用
(2021年8月31日配信)

何らかの事情で自分の携帯電話が使用できない場合を除いて、他人の携帯電話から連絡を入れることなどあり得ません。

もし、このメールを送信した人物が鷲野さん本人であれば、自分の携帯電話が使えない理由を説明しているはずです。

そうした説明がないことから考えて、問題のメールを送信した人物は犯人だと思われます。

恐らく、「明日帰る」というメールを送信することで、鷲野さんが存命中であることを偽装する狙いがあったのでしょう。

また、事件の発覚を遅らせることで、自身のアリバイを確保しようとしたのかもしれません。

いずれにせよ、犯人が隠蔽工作を行っていた可能性は非常に高いと考えられます。

スポンサーリンク